霊魂仮説とESP仮説

2012年12月26日 (水)

霊魂仮説とESP仮説~ある問いを受けて

 先の記事「久しぶりのリーディング体験」にPlanDoCheckさんからいただいたコメントを受けて書かせていただきます。

1 霊体験とESP仮説について

 私が「ほぼすべての霊体験がESP仮説でも説明できてしまうというのが実際のところだと思います」と書いたのに対して、「ESP仮説で説明できない事象もあり、半々ぐらいに思っています」とのことでした。

 そして、「霊体験」とは何を指しているのかというご質問をいただきました。

 PlanDoCheckさんの考える「霊体験」とは、
(1)Physical、物質的な身体を占有していない、
   霊的エネルギーによって、引き起こされる事象。
(2)Physical、物質的な身体を占有している、
   霊的エネルギーによって、引き起こされる事象。
の両面からの事象を指しているとのことでした。

 まず、誤解がないように言っておきますと、私自身はスピリチュアリストのつもりなので、霊と死後存続を信じています。しかし、科学的には霊魂仮説とESP仮説の決着がなかなかついていないということを言いたかったのが冒頭の文章です。

 そういう趣旨の文章ですので、そこで「霊体験」と表現したのは、霊の実在を示唆する現象や体験のすべてをさしています。実際の原因は霊なのかESPなのかはともかく(それを議論するのが霊魂仮説でありESP仮説です)、霊が介在しているかのように見える現象すべてです。したがって、PlanDoCheckさんが示した(1)と(2)の両方にわたるものだと思います。

 一見、霊が引き起こしたように見える事象でも、それが本当に霊によるものであることを証明するのは至難の業ですよということが言いたかったわけです。

 超心理学研究者の石川幹人教授は、霊魂仮説は「万能な仮説」であるため、科学的に役に立たないと『超心理学』に書かれていました。これを私なりに理解すると「反証可能性」がないということです。つまり、こういう実験結果が出たらその仮説は否定されるということが前もってわかっていないと、その仮説が正しいかどうかの検証のしようがないということです。霊にできることとできないことがあらかじめわかっていないと、どんな現象が起きても、それを霊の仕業と説明できてしまうのです。ただ、それならESP仮説の方もそうじゃないかというのが私の意見です。(以前の記事「超心理学4~霊魂仮説」をご参照下さい)

2 「霊界の記憶」について

 次に、PlanDoCheckさんが以下のようなご提案をされています。

>生まれる前の記憶がある同様な人を、全世界へ募集する、
> 該当者が情報交換する前に、情報交換できない配慮が必要。

>研究者が個別に訪問して共通した情報を確認すること。

>その後、
> 『生まれた後で体験したことを思い出す時に使用する脳の部位』
> と、
> 『生まれる前の体験を思い出す時に使用する脳の部位』
> を
> 比較する。

 PlanDoCheckさんが「霊界の記憶を持ったまま、身体を占有している人が、いるとすれば、ESP仮説は否定される」と書かれていたので、物質界ではない霊界での生活の記憶かと思い、それが本当かどうかどうやって実証するんだろうと疑問に思いました。しかし、上のご提案を読むと、前世の記憶のことでしょうか。もしそうならば、イアン・スティーヴンソンによる「生まれ変わり研究」に近いものですね。スティーヴンソンの研究は、スピリチュアリストからも懐疑的科学者からも高く評価されているようですので、霊魂仮説を実証してくれる有望な研究であるとは思います。ただ、これについてもESP仮説で説明可能では、とおっしゃっているのが石川幹人教授ですが・・・。

 前世ではなく、本当に霊界での記憶だということになると物質界の人間には検証しようがありません。上の記述を読むと、「共通した情報」があれば真実とみなすということでしょうか。なかなかそれだけでは難しいと思います。立花隆さんの『臨死体験』では、臨死体験について、現実体験説(=あの世は実在する)と脳内現象説(=幻覚や妄想みたいなもの)を並べて検証しますが、最後まで決着がつきません。臨死体験には驚くほどの共通性がありますが、それは全く決め手にはなりません。

3 予知について

 次に「予知」について次のようなやりとりがありました。
(GはGlassAge、PはPlanDoCheckさんです)

P  また、未来情報を、伝えて来て、それが現実化している事が
  あれば、ESP仮説は否定される。

G   ESPが目の前にいるひとの意識を読むという能力に限定
     されるのならばそう言えるかもしれませんが、石川幹人さん
     の『超心理学』を読むと、むしろ超心理学で有望な分野は
    「予知」であるとされています。

P   GlassAgeさんがおっしゃる論理が、私にはまだ理解できません
     でした。
     もう少し詳しく教えていただけませんか?

G   物理学者からは情報が未来から来るのは相対性理論に反する
     と言われながらも、超心理学では予知・予感に関する実験が
     繰り返されています。
     したがって、予知の成功によってESP仮説を否定すること
     は無理だと思います。

P   GlassAgeさんが後半(上記)で、おっしゃっている論理は、
     破綻していませんか?

    「予知・予感に関する事件が繰り返されている」
     と、なぜ、
    『予知の成功によってESP仮説を否定することは無理』
    という、
    ご発想に成るのか、私にはまだ理解できませんでした。

 石川幹人さんの『超心理学』を読んだ後だったので、相対性理論だとか実験だとか余計なことを挿入しすぎてわかりにくくなってしまったかもしれません。私が言いたかったのはもっとシンプルなことです。ESP(超感覚的知覚)とは、テレパシー、透視、予知などの総称です。したがって、予知が成功しても、それはESPそのものであり、ESP仮説を否定する材料にはなりえないということです。

 ここで私が書いていることの大半は、実は「東京スピリチュアリズム・ラボラトリー」という知的にスピリチュアリズムを追究しているサイトから学んだものです。私がこれ以上駄文を重ねるよりも、そちらを読んでいただいた方が参考になるかと思います。

「スピリチュアリズムとサイキカル・リサーチ」
http://www.k5.dion.ne.jp/~spiritlb/1-2.html

「超ESP仮説は棄却された
  ――スティーヴンソンの「真性異言」および
     「先天性刻印」の研究をめぐって」
http://www.k5.dion.ne.jp/~spiritlb/3-3.html

 ただ、繰り返しになりますが、私は、科学的にはなかなか決着がついていないということを確認しているだけで、霊体験はすべてESP仮説で説明できるので、霊など存在しないというような主張をする気は毛頭ありません。

 PlanDoCheckさんは「戒告」というものに触れられています。私はよく知りませんが、霊的世界からの警告的メッセージのようなものでしょうか。地震などの天変地異も霊界からの何らかの警告であるというような考え方でしょうか。もしそういうことならば、機会と余力(笑)があれば、私なりの考えを書いてみたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦