生活保護

2012年10月23日 (火)

生活保護バッシング

 スピリチュアルというより、かなり社会的なテーマです。

 お笑いタレントの母親が生活保護を受給していることからマスメディアですさまじい生活保護バッシングが起きました。この受給が実は「不正受給」ではないことは、すでに多くの論者が指摘しています。しかし、法的に不正ではないにしても、そこに納得のできない不公正感を感じる人もいることでしょう。ここには扶養義務と生活保護という論点があるのですが、とりあえずおいておきます。

 私がここで問題にしたいのは、こうした「不正受給」報道と並行して、マスメディアが生活保護費が3兆円を突破したとか、受給者数が過去最高を記録したとか大騒ぎをしていることです。まるで不正受給がその原因であるかのように・・・。さらには、政治家や行政が、生活保護水準の引き下げの検討や不正受給対策と称する犯罪捜査まがいの対応まで始めてしまったことです。

 こうした動きを問題視し、声をあげる人たちが出てきたおかげで、報道のトーンも少しは冷静になってきたとも言われますが、それでもまだまだ違和感を感じます。

 スピリチュアリストをはじめ、物質的価値観より精神性を重視する人たちの間で次のような理解が広がることを心配します。

(ひとつの図式的理解)
行き過ぎた物質的価値観のために、伝統的な日本人の美意識が薄れ、生活保護を受けるのが「恥」だという感覚がなくなってしまい、もらえるものはもらおうとして不正受給が横行している。
 ↓
その結果、生活保護費が3兆円を突破し、受給者が過去最高を記録する事態になった。
 ↓
その結果、国や地方の財政が圧迫され、今日の財政破たんを招いた。

 こうした図式は、全くの誤りです。そのことを説明します。

1 不正受給の割合はごくわずか
 不正受給の割合は、件数ベースで全体の2%程度、金額ベースで全体の0.4%程度で推移しています。特別増えているわけではありません。そこに多くの予算と人員をつぎ込んで、犯罪捜査まがいのことまでやって、一体どの程度の効果があるのでしょう?費用対効果の点から言っても大いに疑問です。

2 問題はむしろ必要なのに受けていない人が多いこと
 生活保護の「捕捉率」というマスメディアや政治・行政があまり取り上げたがらない言葉があります。生活保護を受けられるだけの経済状態の人のうち現に利用している人の割合のことです。日本ではこの割合が2~3割と言われています。つまり、残りの7~8割の人たちは、資格があるのに生活保護を受けていないのです。不正受給の割合と比較してみてください。
 その結果、日本での生活保護利用率は人口の1.6%に過ぎず、ドイツの9.7%、イギリスの9.3%、フランスの5.7%に比べると極端に低くなっています。

3 生活保護の利用率は過去最高ではない
 2011年度の生活保護受給者数が205万人となり、現行生活保護法下で最高だった1951年の204万6千人を超えたことから大騒ぎになったようですが、これを人口比で比較すると実は1951年の3分の2に過ぎないようです。これはフェアな騒ぎ方ではないですね。

4 増えたのは不況と窓口の一定の正常化のため
 それでも近年、受給者が増えたのは事実です。それは不正が増えたからでも、美意識が薄れたからでもありません。まずは、2008年のリーマンショック後の不況です。しかも日本ではバブル崩壊後ずっと不況が続いているのです。貧困や失業が日本社会に溢れていることが誰の目にも明らかになってきました。しかし、行政は「水際作戦」と言われる窓口対応で生活保護の受給を抑制しようとして、餓死事件などが頻発しました。これに対して、さまざまな運動が起こって、窓口での対応が改善されていきました。その結果、受給者が増えていっただけのことです。そして、そのおかげもあってホームレスの人々の数や自殺者数が年々減ってきているとも言われています。

5 生活保護費の対GDP比は0.5%で、OECD加盟国平均の1/7
 それではこうした増えている生活保護費が財政を圧迫しているのでしょうか。全く圧迫していないとは言えないでしょうが、主たる要因とはとても言えません。日本の生活保護費のGDPにおける割合は0.5%で、OECD加盟国平均の1/7に過ぎないそうです。生活保護費を引き下げても、財政への影響はそれほど大きくないのです。

 生活保護をめぐる論点はまだまだたくさんありますが、必要最小限、言っておきたいということだけ並べてみました。上で示した図式的理解と1~5を読み比べてみてください。

 もちろん不正を防いだり、予算をできるだけ効率的に使うということの意義を否定はしません。しかし、昨今の騒ぎ方はその優先順位、重点の置き方があまりにもゆがんでいないでしょうか。事実に基づかず、しかも大事なことと大事でないことの順番が入れ替わってしまっているように思います。

 みなさんは、どう思われますか?

(参考文献:『間違いだらけの生活保護バッシング』)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦