四天王寺参禅会

2011年7月 2日 (土)

こぼれ話~四天王寺参禅会

 ご無沙汰しています。2ヶ月も記事を書かなかったのは、ブログ開設以来はじめてかもしれません。
 シルバーバーチをはじめとする数々の霊界通信や退行催眠時に現れるマスターたちが語ってきたように、私も数々の試練に巻き込まれながら、「順調」な人生を送っております(笑)。

 一応「生きています」ということを示すために、少し軽めの話題を書きます。

 以前、「スピリチュアル突撃体験記」と称して、いわゆる霊能者めぐりをしたときのことを連載で書きました。スピリチュアリズムへの復帰を迷っていたころの私には必要な体験でしたが、今はあまりその必要性を感じませんし、そもそもそのための財源がありません(苦笑)。

 ただ、スピリチュアリストを自認しながらも、元来怠け者で根性に欠ける私は、ひとりではなかなか瞑想などの実践も滞りがちです。そこで何か私を導いてくれるようなものはないかなと探していまして、ひとつ見つけました。

 四天王寺の参禅会。四天王寺とは聖徳太子ゆかりの由緒と伝統のある名刹です。大阪の天王寺に広大な敷地を構えた立派なお寺です。この由緒あるお寺が、毎週早朝に参禅会を催していて、誰でも体験ができます。体験は無料で、しかも座禅のあとにはお粥までいただけます。

 6月の初めに出勤前に参加してみて以来すでに4回ほど参加しました。毎週40~50人ぐらいの人たちが集っています。毎回必ず初心者の方がいて、信者の役員さんらしき方が丁寧に作法を説明されています。役員さん曰く、体験者のうち、その後続けて来るのは十人に一人ぐらいだそうです。すでに私はその希少な部類に入っていますね。

 「南無帰依仏、南無帰依法、南無帰依僧」と唱えながら本堂へと向かいます。聖徳太子が「篤く三宝を敬え」と説いたあの三宝=仏法僧への帰依ですね。これは、ある仏教徒の集まりでパーリ語で唱えられているのも聞いたことがあります。

 座禅は半眼で、結跏趺坐または半跏趺坐という例の足が痛くなる姿勢でやります。英国流スピリチュアリズムに親しんでいる者としては、椅子に腰かけて目を閉じて行う瞑想が普通なので、これはかなりきついです。お経などを唱える間の正座でまず足がしびれ、次に半跏趺坐(左足を右腿の上に載せます)の姿勢で30分ほど座禅を行うと足の感覚が全くなくなります。30分でよかった!これがもし1時間なら・・・と情けなくも思ってしまいました。

 座禅が終わると立ち上がって参加者同士でお辞儀をするのですが、その場でよろけそうになりました(苦笑)。私の指導霊の一人と言われる修行僧らしき存在からは、せせら笑われたように感じました。悔しいのでしばらく続けてやろうと思っています。

 それにしても伝統的宗教の力強さと懐の深さには感心しました。立派な境内と建物。毎週の行事を支える信者組織。お粥を作ったり振る舞ったりしてくれるのも信者さんたちの組織のようです。

 スピリチュアリストの集まりは、たいていが独自の建物も持たず、公共施設の会議室を窓口の人たちにいぶかられながら、苦労して借りて活動しているのが普通です(宗教活動には貸さないというのが公共施設の常です。スピリチュアリズムが宗教かどうかは微妙なところでしょう)。たいていはそれほどの大人数が集まるわけでもありません。

 スピリチュアリズムと伝統的宗教。いろんな場面で協力しあうことは可能な気がするのですが・・・。まあ、そういう大それた話は別として、私としては自分自身の修行の一環として四天王寺さんのご厚意に大いに甘えさせていただきます。四天王寺さんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦