トイレの神様

2011年1月 9日 (日)

こぼれ話~「千の風になって」と「トイレの神様」

 「千の風になって」が話題になったのは、もう随分前ですね。
 実は、私の母が急逝した数年前と重なります。
 当時、私はスピリチュアリズムからは一旦離れてはいましたが、死者がお墓の中にはいないという言葉には共感を覚えました。しかし、そのあとの千の風になって私たちを見守っているという言葉にはとても違和感がありました。身近な家族や友人を失った直後の人間にとって、今まで共に語り合ったり、笑ったり、泣いたりしてきた人たちが、急に「千の風」などという抽象的な存在になってしまうことなど、とうてい受け入れられませんでした。

 「千の風になって」の歌を聴いて、癒されたり救われたりした人が大勢おられたようですので、これ以上ケチをつけるのはやめましょう(笑)。

 ただ、後に自殺した友人が、「なぜ自殺してはいけないのか」について悶々と悩み、ある仏教サイトに質問を出したとき、返ってきた答えが「無我」とか「空」とかの概念を使ったもので、友人が「悩み苦しむ人間にとって、まるで雲をつかむようなピンとこない話だ」とこぼしていたのを思い出します。千の風になるという考え方も、何かそういう、私たちの日常生活とのどうしようもない距離感を感じます。

 それに対して、年末の紅白歌合戦で不覚にもボロボロ泣いてしまった植村花菜さんの「トイレの神様」は、「千の風になって」以来の感動などと言われることもあるようですが、そこで描かれているのは、ひたすら日常的なおばあちゃんとのつながりなんですよね。一緒に五目並べをしたりかもなんば(関西での呼び名です。鴨南蛮のことです。でも私の子ども時代は鴨肉ではなく安っぽい鶏肉でした・・・)を食べたり、トイレには女神さまがいると教えてくれたおばあちゃん。病院にお見舞いにいったら「もう帰り」と追い返されて翌日には逝ってしまうおばあちゃん。いや、何回聴いても泣いてしまうのです・・・。

 近代スピリチュアリズムのいいところというか、私が好きなところも、こういう「死者」との個別的で、具体的で、血の通った(霊は血は通いませんが(笑))、あたたかい「つながり」です。宇宙との一体感を得たとか、無の境地を味わったとか、あるいは、宇宙意識だとか普遍意識だとかアカシックレコードだとか、そういうぶっ飛んだ(失礼!)世界ではなく、例えば、おばあちゃんが現れて、「あのとき新喜劇(関西人には説明不要ですが、吉本新喜劇のことです)の録画を忘れて悪かったね、今でもトイレを熱心に掃除してくれてありがとう」などと語ってくれることによって、霊的世界の実在を確信していく。スピリチュアリズムとはそういうことだと思います(注:植村花菜さんは別にスピリチュアリズムを歌っているわけではありません)。

 そんな素朴であたたかいスピリチュアリズムを少しでも広げていきたいなあと思います。

植村花菜「トイレの神様」
http://www.youtube.com/watch?v=Z2VoEN1iooE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦