認知療法

2010年9月15日 (水)

インスピレーションVS事実と論理~あるいは認知療法について

 謎めいたタイトルですが、そんなに難しいことは書きません(笑)。

 例えば、職場の同僚の態度を冷たく感じたり、部下の仕事ぶりがあまりに無責任で後ろ向きに見えたとき、相手が自分に対して軽蔑の念をもっていたり、敵意をもっていたりするのだろうかなどと、相手の悪意が自分の中で妄想的に大きくなっていくことがあります。そして、ひょんなことで、実はその態度の裏には全く別の事情があったことがわかって、ほっとしたり、自分の了見の狭さに情けなくなったりすることってありますよね。

 私が尊敬するベトナム出身の禅僧ティク・ナット・ハン師は、『仏の教え ビーイング・ピース』という本の中で次のようなたとえ話を書いています。

 ある人が、霧の深い朝、上流に向かって舟を漕いでいました。急に、彼は、もう一艘の舟が下流に向かってくるのに気づきます。こちらの舟を避けようとしません。彼は叫びます。
 「気をつけろ。気をつけろ」
 しかし、舟は突進してきます。自分の舟が転覆するかもしれません。男はすごく怒って、相手に向かって怒鳴りちらし、注意を引こうとします。ところが、よく見ると、相手の舟には誰も乗っていません。舟の紐がほどけて、下流に流れてきたのだということが、わかります。そこで、怒りがまったくとけて、大笑いします。

 そして、ティク・ナット・ハン師は、正しい認識の重要性を説きます。これはブッダ直伝に近いきわめてオーソドックスな仏教の教えですね。

 精神医療の世界には、アメリカ発祥の認知療法というものがあります。うつなどの治療に使われるのですが、この療法では徹底的に事実と論理にこだわって、偏見や思いこみなどの認知の歪みを正していきます。うつ状態に陥ると、物事に対して悲観的になったり、自分を過小評価したりします。認知療法では、例えば、その悲観的な考えや予想を紙に具体的に書き出して、ふたを開けてみたときに、実はそれほどでもなかった、自分の仕事はそれほど失敗には終わらず、周囲の人たちの反応もそれほど悪いものではなかった、などという確認作業を繰り返し行うのです。たとえて言うと、幽霊の正体が枯れ尾花であることを繰り返し確認することで、どんな臆病者でも、どう見ても枯れ尾花は枯れ尾花にしか見えないというところまでもっていくという感じでしょうか。いかにもアメリカらしい療法と言えるかもしれませんね。

 この認知療法が、臨床試験では、抗うつ剤投与と同等以上の効果があり、また再発率が低いことが実証されているそうです。日本でも積極的に紹介している精神科医の方々もおられますが、日本における数分~十数分の診察の中で活用するのはなかなかむずかしいようです。日本人には理屈っぽすぎるという面もあるかもしれませんね。

 このような仏教や認知療法の考え方は、徹底的に事実と論理に基づいて物事を冷静に見つめようとする立場です。

 これに対して(といきなり飛躍しますが)、スピリチュアルの世界で頻繁に登場するインスピレーションとか霊感とか言われるものは、ある意味で、この対極にあるものだと思います。突然にある考えがひらめいたり、根拠なく物事の行方が見えてしまったり、ある人の考えや人となりが話す前からわかってしまったり、というようなものです。もっと霊感の鋭い人になると、見えない世界から具体的なメッセージを受け取って、知るはずのない事実を知ったり、どういう道を進むべきかの助言を得たりします。

 このようなインスピレーションはとても大切なものだと思います。また、見えない世界の存在が、私たちを日々支えてくれていることには感謝すべきだと思うし、その事実を知ることも大事なことだと思います。

 ただ、私は、インスピレーションだと感じたものが、私が職場で抱いた妄想や、ティク・ナット・ハンが描いた舟についての勘違いや、認知療法で言うところの偏見や思いこみ、に過ぎない可能性は常にあると思うのです。インスピレーションで、これはこう進むべきとか、あの人はこういう人に違いないと判断してしまうことが、実は、もっと多様な選択肢や見方があったのに、その可能性を十分に検討もしないまま閉ざしてしまう危険もあると思います。(もっとスピリチュアリズム的に言うと、低級霊にもてあそばれる危険性と言い換えてもいいかもしれません)

 そして、それを防ぐのは、決して滝に打たれる行や山にこもる修行などではないと思います。私たちスピリチュアリストは、インスピレーションを大事にしながらも、この物質世界に生きる者として、事実と論理で検証していく、もっと平たく言えば、常識に還って判断するという姿勢を忘れてはいけないと思います。シルバーバーチが、私が言うことを理性で吟味し、納得がいかなければ否定しなさいと繰り返し言っているのも、そういうことだと思います。

 余談ですが、私は10代の頃に、日本のある宗教者の著書からスピリチュアリズム的な考え方を教わりました。後に読んだシルバーバーチにとても近い教えでした。しかし、その方の死後、その団体は混乱し、後継の方々は、それぞれに活動を展開していきました。私は、それぞれの著書を通じて、しばらくの間、その動向を追いかけましたが、いずれの方々も、正直言って、首を傾げたくなるような、眉をひそめたくなるような方向へと行ってしまったように思います。そのことが、私が、一旦スピリチュアリズムから遠ざかる遠因ともなりました。そういう経験があるのでなおさら、霊的な世界とのかかわりには慎重な姿勢を強調してしまうのかもしれませんね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦