ステイトン・モーゼス

2010年8月 6日 (金)

こぼれ話~インペレーター流「カルマの法則」

 先日、「カルマの法則なんて忘れよう!」という記事で、「カルマの法則」は、とても誤解されやすい言葉だと書きました。その繰り返しで蛇足になるかもしれませんが・・・。

 「悪因悪果」「善因善果」とも表現される「カルマの法則」は、ついつい、良い行いをすれば、何か楽しいことやうれしいことが訪れる、あるいは、来世では恵まれた境遇のもとに生まれることができるなどと誤解されがちです。また、悪行を重ねているといずれ貧困や病や悲惨な運命が待っている、とか、逆に、現在、悲惨な状況にあるのは前世で相当悪いことをしたに違いないとか・・・。しかし、これはあまりにも物質的価値観にとらわれた発想ですよね。

 前回の記事で触れたステイトン・モーゼスの『霊訓』でも、カルマとの言葉は使われていませんが、この法則について述べられています。通信霊団の代表であるインペレーターが、「われらは宗教なるものを、より単純な形で関わるものとして説く」と前置きしたうえで、その根幹となる思想として、次のように述べます。(そして、続けて、それに比べたときのキリスト教神学の教義の非合理性を厳しく批判していきます)

 修行場としての地上生活の中に置かれた人間は果たすべき単純なる義務が与えられ、それを果たすことによりて一層高度な進歩的仕事への準備を整える。その間、不変の摂理によって支配される。その摂理は、もし犯せば不幸と損失をもたらし、もし遵守すれば進歩と充足感を与えてくれる。(『霊訓(上)』八節)

 また、背後霊の指導に触れつつ次のようにも述べます。

 正しき行為の選択には背後霊の指示もあるが、本来は霊的本能によりて知ることが出来るものである。為すべきことを為していれば進歩と幸福が訪れる。魂が成長して完成へ向けてより新しく、より充実せる視野が開け、喜びと安らぎをもたらす。(『霊訓(上)』八節)

 インペレーターは、善行の結果もたらされるのは、快楽や幸運や物質的に豊かな境遇などではなく、「進歩と充足感」や「魂が成長して完成へ向けてより新しく、より充実せる視野が開け」ていくことだと言ってるわけですね。

 さすがインペレーターと評価しますか?それとも、そんなつまらないことのために善行を積み重ねても仕方がない、「カルマの法則」とはケチな法則だと思いますか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

こぼれ話~熾烈な論争「モーゼス(人間)VSインペレーター(霊)」

 ステイトン・モーゼス著『霊訓』を久しぶりに読み返してみました。やっぱりすごいですね。

 モーゼス(1839-1892)は、英国国教会の牧師でしたが、霊媒能力を持ち、自動書記通信を中心とする霊界通信を受信し、後にその内容を公表します。その霊団のリーダーがインペレーターと名乗る霊でした。

 この『霊訓』の何と言ってもすごいところは、モーゼス(人間)とインペレーター(霊)との熾烈な論争です。

 インペレーターは、スピリチュアリズムを説きながら、キリスト教の教義である贖罪や三位一体や最後の審判などの考え方を徹底的に批判します。実は、数年前に初めて『霊訓』を読んだとき、モーゼスのうろたえぶりに、逆にとまどいました。20世紀の霊訓であるシルバーバーチに慣れ親しみ、キリスト教については聖書物語ぐらいしか知らなかった私(以前「私にとってのイエス」で書きました)から見たら、インペレーターの語る内容の方が、シルバーバーチにそっくりで何の抵抗もなく受け入れられました(スピリチュアリズムに懐疑的な人なら、シルバーバーチの霊訓はインペレーターのパクリだと言うかもしれません。それぐらいそっくりだと思います。)

 モーゼスは、その通信内容の高尚さや首尾一貫性は認めつつも、自分が牧師として信奉するキリスト教の教義と矛盾する点に対して、激しく抵抗し、その真実性についての証拠を求めます。

 モーゼスは、あるとき、(1)インペレーターの地上時代の身元、(2)イエス・キリストの本質と使命、(3)通信の内容の真実性を示す証拠、の3点について、自分以外の霊媒を通じて通信するよう要求し、その霊媒を指定したいとまで言います。

 私は、当初これを読んだとき、私自身も、スピリチュアリズムの真実性の証拠を追い求めていたので、実にもっともな要求だと思いました。そして、なぜインペレーターは、その要求に応じないのだろうと不審に思いました。

 しかし、今、読み返してみると、実はモーゼスは、その時点までに、すでに何度もいろんな証拠を提供されていたのですね。しかし、牧師として受け入れ難い思想について、どうやら真実に違いないと確信し出した時点で、逆に、不安になって、もっと証拠を、もっと証拠を、と慌て出している様子が伺えます。そして、インペレーターはそれを見抜いていたようでした。(ちなみにインペレーターは一時、あまりに頑固なモーゼスに霊団総引き上げの最後通告さえ出します。)

 モーゼスは、通信内容を真実だと認めると、今度は、反対派(これまでの仲間のキリスト教関係者たちを想定していたのでしょう)の批判に応えるために、証拠を完璧なものにしてほしいと要求します。これにもインペレーターはあまり応えていません。落ち着いてこれまでの通信を読み返してみよと言うばかりです。

 そして、その後、モーゼスは落ち着きを取り戻し、インペレーターから、証拠うんぬんではなく、宗教や思想についての丁寧な通信を受信していきます。

 手に汗握る展開です。モーゼスは、霊媒であると同時に、とても厳しい審神者(さにわ)として振舞っていたと言ってもいいように思います。

 19世紀のモーゼスと21世紀の私たちを比べてみて、愕然とします。モーゼスも当時の軽薄なスピリチュアリズムに対しては厳しい視線を向けていたようですが、21世紀の私たちは、スピリチュアル・ブームと言われる状況の一方で、モーゼスに相当する存在を持てていないような気がします。

(参考文献)
W・Sモーゼス著、近藤千雄訳『霊訓〈完訳・上〉』
W・Sモーゼス著、近藤千雄訳『霊訓〈完訳・下〉』
(いずれもスピリチュアリズム・サークル「心の道場」)
「心の道場」公式サイトで全文を読むことができます。

*「心の道場」公式サイトについては、共感できない部分もありますが、貴重な情報が満載されており、とても勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦