スピリチュアル・ヒーリング

2010年8月25日 (水)

ホメオパシー騒動~一スピリチュアリストの立場から

 一スピリチュアリストの立場からというほど偉そうに言える話ではありませんが・・・。

 ビタミンK投与の代わりにホメオパシー療法を受けて新生児が死亡した事件が契機となって、補完代替医療のひとつと言われるホメオパシーについて、日本学術会議が「科学的な根拠は明確に否定され、荒唐無稽(こうとうむけい)」とする会長談話を発表しました。日本医師会なども談話に賛同しているとのこと。

 私は、以前の記事「現代医学とスピリチュアル・ヒーリング~父の思い出とともに」の中で、補完代替医療について書きました。このとき、ニセ科学批判やホメオパシー批判などの議論が展開されているpoohさんによるChromeplated Rat(http://schutsengel.blog.so-net.ne.jp/)というブログから、思わぬトラックバックをいただきました。そして、補完代替医療、その中でも特に、ホメオパシーに対する厳しい批判を読み、とても勉強になりました。今回の談話発表に至るまでの動きも、このブログから教わりました。

 私は、上の自分の記事の中で「補完代替医療やスピリチュアル・ヒーリングの側も、EBMにならって、科学的な検証を受けて立とうという姿勢が必要だと思います」と書きました。この意見は今も変わっていません。

 私は、恥ずかしながらスピリチュアル・ヒーリングについて、少し学んでいます。これは、個人的には宗教と文化と医療の間のグレーゾーンのような存在だと勝手に思っています。ただ、私が学んだスピリチュアル・ヒーリングは、現行の法制度を前提に、医療行為に当たらないように細心の注意を払っているように見えます。診断行為はしてはいけない、通常医療の医師の診断や処方に意見を述べてはいけない、通常医療を受けることを妨げてはいけない、などなど様々な自己規制があります。(ちなみに、イギリスでは、かつてハリー・エドワーズというスーパー・スター的なヒーラーがいて、医師会などと激しくやり合う中で、スピリチュアル・ヒーリングが市民権を得てきたとも聞いています。)

 これは、補完代替医療と呼ばれる領域に関わる人たちの、ひとつの生き方だろうと思います。いや、厳密には、現行法制度を前提とすれば、それが唯一の合法的な生き方なのでしょう。しかし、補完代替医療に関わる人たちは、本当にそれでいいと考えているのでしょうか?

 ホメオパシーのことを初めて聞いたのは、実は、助産師さんからでした。現在9歳の息子が新生児だったころの話です。そして、今回の事件から、助産師さんの間にかなり広まっていることを初めて知りました。そのときは、へえーそんなものがあるのか、西洋の漢方薬みたいなものかぐらいの印象でした。

 その後、補完代替医療について、いろいろと知ることになりました。そのなかの比較的メジャーな存在としてホメオパシーがありました。私は、いくつかの補完代替医療を試す機会がありましたが、ホメオパシーを試す気にはなりませんでした。無害そうではありましたが、どんな製造工程であれ、結局、レメディーという錠剤みたいなものを飲むだけというところが、スピリチュアリストとしては(かどうかは微妙ですが)、あまりに物質的な感じがして抵抗感がありました。

 それから、多くの人たちが指摘しているように、希釈に希釈を重ねて、分子ひとつも入っていない液体(つまり、通常科学の観点からはただの水)をしみ込ませた砂糖玉が効くというのも、なかなか受け入れ難いものがありました。実際、アメリカの代替医療の第一人者と言われるアンドルー・ワイル博士も、実体験としてはホメオパシーが効いたようにも思うが、それを受け入れるには、科学の理論をいくつも塗り替えないといけない、ときわめて懐疑的でした。

 スピリチュアルな世界には、ホメオパシーに肯定的な人たちが多いようにも思います。シルバーバーチの霊媒のモーリス・バーバネルも愛好していたようだし、私の周囲にもホメオパシーを学んでいる人たちが何人かいます。

 さて、そのホメオパシーが今回、批判の的になっています。私には批判も擁護もできません。ホメオパシー団体の主張もきちんと検討はしていません。ただ、私は、以前の記事にも書いたように、ここはむしろチャンスだと捉えて、効果の検証に打って出るべきだと思います。今回の事件は、一部の心得違いの人が原因なのかもしれません。通常医療の治療を妨げないように周知徹底するというお茶の濁し方もあるでしょう。しかし、効果がないと断定されているわけですから、それを上回る証拠を示してきちんと反論すべきだと思います。

 批判派からは、すでに検証は済んでいるとの意見も聞きます。なるほど権威ある医学雑誌に否定的な検証結果が発表されたりしているようですね。しかし、通常医療の世界でも、大規模な臨床試験結果などで効果が否定された療法が生き残っている例はいくらでもあります。決着がつくというのは、それほど簡単でも明瞭でもないように思います。一定の息の長い、検証や合意のプロセスが必要なのではないでしょうか。

 そして、今回の一件は、そのプロセスに入る第一歩だと私は思います。ホメオパシー信奉者の側が徹底的に争って、それでも、効果があることを示せず、一定の決着という段階にまで至ったのならば(誰がどの段階でどう判断するかという困難な問題はありますが、そこは公的機関の出番でしょう)、ホメオパシーは、診断や治療とみなされる行為をせず、ひとつの癒しの活動として、つつましやかにひっそりと生きていくべきだと思います(決着がついたら、そういう癒し効果はあり得ないというスジ論もありますが、現実の展開はもっと微妙で多様だと思います)。

 専門でもないのに、踏み込んだ表現をしすぎたかもしれません。ご容赦ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

現代医学とスピリチュアル・ヒーリング~父の思い出とともに

 タイトルは大きいですが、個人的な話題が中心です。

 2001年夏、我が子が誕生した直後に、ヘビースモーカーの父の肺がんが発覚しました。父はがん治療で有名なある病院に入院し、長時間に及ぶ難しい手術を受けました。しかし結果はⅢ期bという末期の一歩手前というもので、手術はほとんど無意味でした。5年生存率10%未満という厳しい数字を知って私は愕然としました。

 それから遅ればせながら、私は「がん」について勉強を始めました。『患者よ、がんと闘うな』などで有名な慶応大学医学部の近藤誠さんの一連の著書は衝撃的で、しかも説得力がありました。近藤さんは、がん治療を否定しているのではなく、EBM(evidence-based medicine=証拠に基づいた医療)の立場から、無駄な治療や検査を批判されています。近藤さんが特に重視するのは、大規模な臨床試験結果に基づく有効性の検証です。そこで有効性がないという結果が出ているのに、安易にその治療を続ける医師や病院の姿勢を厳しく批判されているのです。

 父は手術後、入院による抗がん剤治療を勧められましたが、私は、父の了解の上で、抗がん剤治療を断り、母と二人で暮らす自宅での療養を続けさせました。主治医との関係は少しぎくしゃくしました。しかも大病院にとっては、治療を受けない患者はあまり歓迎されません。自営業者で社交性もなく典型的な頑固親父だった彼の性格を考えると、自宅で最期を迎えるのがふさわしいと考え、幸いにも自宅からまあまあ近いところに在宅ホスピスに熱心な医師(しかも呼吸器外科が専門)のクリニックを見つけたため、そこへの通院を始めました。

 そんな矢先の2003年6月、母がクモ膜下出血で急死しました。父は突然一人暮らしとなってしまいましたが、介護保険によるヘルパーさんや訪問看護の支援などを受けながら、なんとか暮らし、2004年4月にあの世へと旅立ちました。私は未だに、桜の木から桜吹雪が舞い散るのを見ると、父が最期を過ごした病室から見た桜吹雪を思い出します。

 父とともに闘病する中で感じたのは、現代医学の何とも言えない、味気なさ、安らぎのなさでした。EBMは確かに正しいけれど、私の目の前にいて、なすすべもなく時を過ごす父に対して、現代医学はどうすることもできないのだろうかと思いました。忙しい医師の診察では、患者側が的確に効率よく話さないと、何も伝えられないという緊張感がいつもありました。便秘がひどいと言えば下剤、痛みを訴えると鎮痛剤や湿布が処方されました。父に出される薬はどんどん増えていき、最期に近いころは、モルヒネの影響もあって自分で自分の薬の管理ができないほどになりました。ヘルパーさんや訪問看護の看護師さんたちの温かさには救われましたが、現代医学や介護保険だけでは何か足りないような感覚があったのを今でも覚えています。

 父を送った後に、代替医療や補完医療(まとめて補完代替医療とも)と言われる、現代西洋医学とは違う世界があることを知りました。また、スピリチュアリズムに復帰してからは、スピリチュアル・ヒーリングというものがあることも知りました。アメリカにおける代替医療の第一人者と言われるアンドルー・ワイル博士や、日本の第一人者、帯津良一さんの本も読み、とても参考になりました。

 補完代替医療の世界は、当然のことながら玉石混交です。それはある程度やむを得ないかなと思います。それはともかく、こうした世界をもっと早く知っていたら、父に対しても、もう少し違うものを提供してあげられたのではないかと思います。恥ずかしながらスピリチュアル・ヒーリングについて学んでいる今なら、父を治験対象(笑)にすることもできただろうになあと思います(父は間違いなく嫌な顔をしたと思いますが)。

 ただ、私は現代西洋医学を否定したり、軽視したりする姿勢には反対です。先人達が長年にわたって積み上げてきた経験や理論、そしてEBMに象徴されるような徹底的に厳密な臨床試験の蓄積などを、あなどってはいけないと思います。

 補完代替医療やスピリチュアル・ヒーリングには、現代西洋医学にはない素晴らしい点が多々あると思いますが、現代西洋医学に比べてまだまだヒヨっ子だとの謙虚な自覚も必要だと思います。

 補完代替医療にはEBMはなじまないというような説明も聞きます。また、スピリチュアル・ヒーリングは、治るべき人は治るが、治るべきでない人は治らないというような面もあり、臨床試験のような考え方はなじまないのかもしれません。

 しかし、私は、いつまでもその段階に甘んじていてはいけないのではないかと思います。近代スピリチュアリズムも霊という宗教的世界を科学的に証明しようという意気込みから始まりました。補完代替医療やスピリチュアル・ヒーリングの側も、EBMにならって、科学的な検証を受けて立とうという姿勢が必要だと思います。

 父の最期をどこで迎えさせてあげようかと迷っていたとき、日本ではまだまだ少ないホスピスを見学しに行ったことがあります。しかし、私の父には少し上品で静かすぎるような気がしました(笑)。その頃、あるテレビ番組で、ホスピスで最期のときを過ごすおばあさんに、お孫さんが歌をプレゼントしていて、そのメロディが今も耳に残っています。確か「千と千尋の神隠し」の挿入歌だったと思うのですが、その歌を今朝偶然に耳にしました。それがきっかけで父のことを思い出しているうちにこんな文章を書いてしまいました(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦