さだまさし

2010年5月30日 (日)

こぼれ話~さだまさし「いのちの理由」

 先日、さだまさしさんの「ママの一番長い日~美しい朝」について書きました。その同じアルバム『美しい朝』に「いのちの理由」という歌が収められています。ついでに、と言ってはさださんに失礼ですが、紹介します。

「いのちの理由」

私が生まれてきた訳は
父と母とに出会うため
私が生まれてきた訳は
きょうだいたちに出会うため
私が生まれてきた訳は
友達みんなに出会うため
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたに出会うため

春来れば 花自ずから咲くように
秋くれば 葉は自ずから散るように
しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ
悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように

私が生まれてきた訳は
何処かの誰かを傷つけて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かに傷ついて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かに救われて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かを救うため

夜が来て 闇自ずから染みるよう
朝が来て 光自ずから照らすよう
しあわせになるために 誰もが生きているんだよ
悲しみの海の向こうから 喜びが満ちて来るように

私が生まれてきた訳は
愛しいあなたに出会うため
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたを護るため

 この歌は、「浄土宗宗祖法然上人800年大遠忌記念曲~「法然共生」イメージソング~」だそうです。私は法然上人については、我が家の宗派である浄土真宗の親鸞聖人を通じて、少し知っている程度ですが、確かにまるで仏典を思わせるような語りの歌ですね。

 そしてこの歌詞の内容は、さださんらしく少し優しすぎるかもしれませんが、まぎれもなくスピリチュアリズムだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

こぼれ話~さだまさし「ママの一番長い日」

 すでにお気づきの方もおられるかもしれませんが、このブログ名のGlass Ageは、さだまさしさんの四半世紀ほど前の(笑)アルバムから採ったものです。

 そのさださんが、さらにその前の約30年前に、「親父の一番長い日」という12分以上もある大作シングルを発表しました。ある家族の娘の誕生から結婚までの物語を、兄と父親の視点から熱く歌い上げたものです。娘が求婚者を連れてきたときに、父親が「奪っていく君を殴らせろ」と叫ぶ場面がとても印象的でした。とは言うものの、当時私は15歳前後。きっと心から感動できたわけではないと思います。家族愛をテーマとする作品を次々と発表していたさださんは、当時20代。今は亡き私の母が、「若いのに苦労をしてきたのかすごい人だね」とほめていたのを思い出します。当時の私にとっては、大人はみんなただ大人であって、20代だから若いと言われてもピンときませんでした。

 そんな私も、今や当時の両親とほぼ同じ年齢になりました。さださんは、さらにひとまわり上なのでもう還暦も近いですね・・・。

 さて、そのさださんが昨年発表したアルバム『美しい朝』には、「親父の一番長い日」へのアンサーソングとも言うべき「ママの一番長い日~美しい朝~」が収められています。

 今度は、「親父」に殴られた求婚者が「パパ」となって、娘の誕生から結婚までを語るのですが、後半になって、実はパパは重い病気にかかっていて、娘の花嫁姿を見ることができないことがわかります。

 しかし、パパがこの世からいなくなっても、歌はパパの視点で続きます。娘とママがいつも自分を思い出してくれていること、(自分をかつて殴った)おじいちゃんが、娘の求婚者をパパの代わりに殴ったことをきちんと見届けています。

 そして、ヴァージンロードを歩く娘の横を歩き、がんばったママに感謝を述べ、ママや娘をいつでも愛していて、護っていることを伝えます。

 とても感動的ですね。15歳ではなくなった私は、還暦前のさださんの歌に、今度は心から感動できます。そしてこれはまぎれもなくスピリチュアリズムですよね(さださんが意識しているかどうかにかかわらず)。

 あの世に旅立った人たちは、この世でがんばる私たちをいつも愛していて、護ってくれている。スピリチュアリズムとは、きっと、そのことを理解するだけで十分なのだと思います。

 世には、アセンションとかパワースポットとかパワーストーンとかいった言葉が飛び交っています。びっくりするほど高い関連商品も売られています。また、スピリチュアルを説明するのに、物理学などの科学の理論や用語を借りてきたり、難しい哲学的な概念を借りてきたりしているのもよく見かけます。

 でもスピリチュアルとは、もっとシンプルで素朴で、しかも温かい愛に満ちているものだと私は思います。

 久しぶりにさださんの歌を聴きながら、改めてそんなことを考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦