自己責任

2010年1月23日 (土)

スピリチュアリズムと自己責任

 ちょっと、小難しいテーマに踏み込んでしまったかもしれませんが、よろしかったらお読みください。

 スピリチュアリズムと自己責任

 スピリチュアリズムでは、「個人の責任」が重視される。英国スピリチュアリスト連盟(SNU)による七大綱領にも、個人の責任が一つの柱として掲げられているという。「自らまいた種は自らが刈り取らねばならない」という意味だと解説されることもある。

 この考え方は、基本的にはとても大切なものだと思う。一人ひとりを自由意思をもつ神聖な存在として認める考え方は、個々人を勇気づけ、前向きに積極的に生きていく力を与えてくれるものだと思う。私のブログ記事「こぼれ話~インスピレーショナル・ライティング「自分」」も、この考え方に沿った内容になっている。

 ただし、いくつかの「使用上の注意」や「副作用」について認識しておく必要があるように思う。

 私が学生時代を過ごした80年代はバブル華やかなりし頃だったが、当時の政治家の中には、「自助」や「自己責任」を高らかに主張する人たちもいた。当時すでにスピリチュアルな考え方に触れていた私にとっては、その内容に共感できる部分もあったけれど、政治や行政を担っている立場の人たちがそれを語ることに少し違和感も覚えた。

 その後、日本では、バブルがはじけ、長期間に及ぶ不況が続き、一昨年の秋からは世界中が大不況へと突入してしまった。その間、政治経済の世界では、「自己責任」を強調する新保守主義とか新自由主義などの名前で呼ばれる経済思潮が主流であった。そして、今や貧困が大問題となるという、80年代からは想像もつかないような社会になってしまった。「ホームレス」「ネットカフェ難民」「ワーキング・プア」などと言われる人たち、最低限の生活レベル以下で生活する人たちが、これだけ多く社会に存在する原因が「自己責任」であるとは、とうてい思えない。

 「自己責任」(ここでは個人の責任を重視するスピリチュアリズムの考え方のこと)とは、個々人が自分の生き方を見つめるときに、意味のある考え方だと思う。政治や行政を担う人たちが庶民に対して、あるいは、強い立場にある人たちが弱い立場にある人たちに対して、「上から目線」で言うべき言葉では、決してないと思う。

 「自己責任」は、要するに一人ひとりの心の持ちようであるという言い方をされることもある。スピリチュアリズムのそういう側面に対して、社会に向き合う姿勢を弱めてしまうという危惧を表明する人たちもいる。確かにそういう心配を否定はできないけれど、それは、私はスピリチュアリズムの「誤用」だと思う。私自身の経験を言えば、10代の頃、スピリチュアルな考え方を知ったことがきっかけとなって、それまでのやや虚無的な考え方を脱して、より社会に積極的にかかわろうと考えるようになったし、実はその後の進路も考え直す結果となった。シルバーバーチも、いつも、世界にあふれる貧困や飢餓や戦争の問題に地上の人間が積極的に立ち向かうことを説いていた。

 個人の心のあり方が先か、社会や環境が先かという古典的な論争テーマがある(小難しく言うと「観念論」と「唯物論」になるのかな?)。前者を強調すると、後者が軽んじられると受け止められたりするのだろう。私は、そうした抽象的な概念論争に没頭したいとは思わない。スピリチュアリストとしては、「個々人の心の成長も、社会の変革も、どっちも大事に決まってるじゃねえか!」と啖呵を切るぐらいの姿勢がちょうどいいと思う。

 もうひとつ「自己責任」の使用上の注意をあげておきたい。私は何度かのうつ状態を経験した。「うつ」の人は、徹底的に何でもかんでも自分の責任だと感じてしまう。そんなときに、自分で何とかしようという姿勢は致命的になる。この場合は、七大綱領に入っていようがいまいが、とりあえずは、「自己責任」という考え方は一時棚上げにしよう。どんな真理や信条に対しても、そういった柔軟で臨機応変の対応が必要だと思う。

 スピリチュアリズムの真理は、どれもとてもシンプルだ。それはいいことだと思う。しかし、シンプルな真理をシンプルに適用するだけなら、「この世」での人生経験なんかいらないだろう。真理を実際の人生や社会に適用していく際には、無限の応用問題がある。一人ひとりの人生で違った適用の仕方になるはずだ。そうでなければ一人ひとりが「個性」をもって生きていく意味がないと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦