阿弥陀仏

2009年10月31日 (土)

阿弥陀仏

 今回は、少し趣向を変えて、阿弥陀仏について語ってみました。

 仏教や浄土真宗について書いた部分には思い違いや勘違いが含まれているかもしれませんが、ご容赦を。

阿弥陀仏

 数年前に母と父が立て続けに他界した。わが実家は、まだ昔ながらの習慣が残っていて、初七日から四十九日までは毎週、親戚中が集って、地元のお寺の住職が来てくれて、仏壇の前でお勤めをしてくれた。悲しみや苦しみを抱えていた私は、その住職の唱えるお経の響きがとても心地よく、癒される感じがした。西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派のお寺の住職だった。住職の口から度々出てくる「阿弥陀さん」って何だろうと思い(自分の家の宗派の基本中の基本であまりに恥ずかしい疑問だが)、質問してみた。丁寧に答えてはくれたが、私にとっては何か要領を得ない内容だった。

 実は、私は中高生の頃、南無阿弥陀仏と唱えれば救われると説く浄土系の教えを軽蔑していた。それは鎌倉時代の貧しい人たちにとっては救いとなる教えだったかもしれないが、現代人には到底通用するものではないと思っていた。10代後半でスピリチュアリズムを一旦受け入れてからは、自己責任を重んじるスピリチュアリズムと他力本願とは全く相容れないもののように思えた。

 両親を送った後、私は、しばらく仏教関係の本を読み漁った。親鸞や浄土経典に関するものから原始仏教に至るまで様々なものを読んだ。しかし読んでも読んでも、なかなか納得感も癒しも救いも得られないような気がした。学ぶ過程で、阿弥陀仏とは、いわゆる浄土経典に登場する西方浄土におられる仏様であることを知った。そして、日本人が大事にしてきた浄土経典を含む大乗経典(般若心経も法華経も)は、実はブッダの死後数百年後の人たちが創作したものであることも知った。ブッダ直伝に最も近いものは、実は私たちが学校で小乗仏教と習った南方系仏教が重んじるパーリ語で残された経典(漢訳では阿含経)だという。そういうことを知っていくにつれ、私はますます阿弥陀仏に対して否定的な思いをもつようになった。ちなみに住職が毎回読んでくれていたのは、「正信偈」というものでいわゆるお経ではなく、親鸞聖人が著した『教行信証』の一節ということであった。

 しかし、だからと言って、ブッダ直伝の原始仏教こそすばらしいのかというとそうとも思えなかった。原始仏典にはとても大事な言葉もたくさん載っているようには思ったけれど、これぞ真実の教えという納得感は得られなかった。そして、その後さまざまな考え方を遍歴したのち、私は、スピリチュアリズムに舞い戻った。私としては、やはり一番素直で、最も腑に落ちる考え方だと思った。

 スピリチュアリズムを改めて学び直し、さまざまな経験を積む中で、私は、常に両親を始めとする身内の霊たち、守護霊・指導霊たち、そしてより高次元の光の存在たちに、日々見守られ、助けられ、導かれていることを実感した。スピリチュアル・ヒーリングの効果も、私たちの力によるのではなく、見えない光の存在の力であることを知った。そんなことを感じる中で、私はふと、このような光の存在の働きは、浄土真宗系の人たちが語る「阿弥陀さん」の働きとそっくりではないかと思うようになった。スピリチュアリズムでは自己責任を重んじるとは言うものの、常に見えない存在の支えがあることを重視し、私たちは決して孤独ではないと考える。浄土真宗では私たちはすでに阿弥陀さんに救われているのだと説く。

 ここからは私の推測だが、ブッダの死後数百年の時代に大乗仏教を興した人たちは、瞑想などの実践の中で、光の存在を確かに感じたのではないだろうか。そしてそれを阿弥陀仏の物語として解釈した。法然上人や親鸞聖人は、浄土経典を学び、信仰するなかで確かに阿弥陀仏と呼びうるような光の存在を感じたのではないだろうか。私は今、阿弥陀仏をそういう存在として、親しみをもって(母の口癖は「阿弥陀さんがちゃんと見ていてくださる」だった)、改めて見つめなおしてみたいと思う。

 霊感の鋭い人たちは、神社やお寺に行くと、そこに固有名をもった神々や仏の存在を感じ、メッセージを受け取るという話もよく聞く。しかし、私にはそのような能力はないので少し負け惜しみが入っているかもしれないが(笑)、そういう名前はどうでもいいことではないだろうか。身内の霊は別として、高次元の存在は、「光の存在」ぐらいでとどめておくのが一番いいように思う。「光の存在」側もそれを望んでいるような気がする。

 最近、私は、わが実家の仏壇の阿弥陀さんや大阪の御堂筋にある北御堂(浄土真宗本願寺派の津村別院)の阿弥陀さんと向き合いながら、そんなことを考えている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | ヨガ | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦