フランチェスコ

2013年2月 6日 (水)

聖フランチェスコの祈り

 「聖フランチェスコの祈り」は精神世界ではおそらくかなり有名な祈りなのでしょうね。
 私はスピリチュアリズムに復帰するきっかけとなった江原啓之さんの著書で久しぶりに再会しました。

 江原さんは、聖フランチェスコの半生を描いたゼフィレッリ監督の名作「ブラザー・サン シスター・ムーン」を観たことが人生の転機になったと書かれています。実は、それを読んで私も「ブラザー・サン シスター・ムーン」を観たときのことは、随分前の記事「聖フランチェスコのようにはいかないけれど・・・」で書きました。

 「聖フランチェスコの祈り」を江原さんの著書で読んだとき、どこかで読んだような気がしました。しかもそれに近い祈りの言葉を自分自身が唱えていたような記憶が甦ってきました。

 それはマザー・テレサでした。マザーは1979年にノーベル平和賞を受賞し、その後来日しました。ちょうどそのころ私もマザーに関する本を何冊か読み、その生き方に感動していました。高校生でした。そのマザーたちが日々捧げている祈りが「聖フランチェスコの祈り」だったのです。

 この祈りは、本当は13世紀の聖フランチェスコの作ではなく、もっと後世のクリスチャンの作だと言われています。それはともかく、本当に聖フランチェスコが捧げていたにちがいないと思ってしまうぐらいすばらしい内容ですよね。

 改めて引用します。

 主よ、貧困と飢えの内に生き死ぬ
 世界中の同胞のために働く私たちを
 そのことにふさわしい者にしてください
 私たちをあなたの平和の道具としてお使いください
 憎しみのあるところに愛を
 争いのあるところに許しを
 分裂のあるところに一致を
 疑いのあるところに信頼を
 誤りのあるところに真理を
 絶望のあるところに希望を
 闇に光を
 悲しみのあるところに喜びを
 もたらすものとしてください
 慰められるよりは慰めることを
 理解されるよりは理解することを
 愛されるよりは愛することを
 私が求めますように
 私たちは与えるから受け
 許すから許され
 自分を捨てて死に
 永遠の命にあずかるのですから


 身の引き締まるような祈りですね。ここには私を含めスピリチュアリストが疑問を呈する「イエスを信じたら罪が帳消しになって永遠の命を授かる」というような都合のいい考え(いわゆる贖罪説)は全くありません。神の意にかなう働きを私にさせてほしいというピーンと張りつめたような使命感があります。「平和の道具としてお使いください」というフレーズが高校時代以来ずっと記憶に残っています。

 ところで、この祈りをAngelikaという方が(ヒーリングミュージック系の方でしょうか?)美しい歌にしているのを見つけました。私のつまらない思い出話と解釈はこれぐらいにして、一度聴いてみてください。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=OObwO2Zcv7Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

聖フランチェスコのようにはいかないけれど・・・

  今年の春、13世紀イタリアの聖人フランチェスコの半生を描いたゼフィレッリ監督の名作「ブラザー・サン シスター・ムーン」を観た。スピリチュアル界(?)では江原啓之さんが自分の進むべき道に目覚めた映画としてもきっと有名だろう。1回目は「これで終わり?」とやや拍子抜けした。しかし、映画で流れていたドノヴァンによる美しいメロディと歌声が耳から離れなかった。そして何度も繰り返し観ているうちに、フランチェスコが語るセリフやサン・ダミアノ教会で信者たちが歌う歌、ドノヴァンが歌う数々の歌に心を打たれた。なるほど江原さんが人生の転機になった映画だというのもわかる気がした。

  このフランチェスコ、やることが激しい。真の信仰にめざめた後は、商人の父が大事にする商品の数々を窓からばらまく。父が地元の司教の前に連れて行くと、そこで身につけている衣服を全て脱いで、父に返してしまう。栄華をきわめていた時の教皇に謁見しても、物質的富と信仰が両立しないことを説き、その場を騒然とさせてしまう。

  私は、これまで世俗の生活とスピリチュアルな学びをうまく両立させてきたつもりだった。しかし、昨年の秋以降、仕事が忙しくなり、職務上の責任も重くなり、心身のバランスが怪しくなってきた。そんなときに「ブラザー・サン シスター・ムーン」を観てしまった。

  今の仕事に意義がないとまでは思わない。でも、あまりにつまらないことに神経をとがらせたり、あくせくと動きまわっている自分は、戦争でさえも儲けの種にしようと必死になっていたフランチェスコの父ピエトロや、自分なりの正義感で十字軍に参加したもののムスリムを殺すという役割に疑問を感じ、生き方に悩む親友ベルナルドと同じような状況にあるような気がした。石をひとつひとつ丁寧に積み上げて、荒れ果てていたサン・ダミアノ教会の再建に打ち込むフランチェスコは、ベルナルドに対して「生きた石になれ」と告げる。果たして私は「生きた石」となっているだろうか。

  多くの人たちが職を失い、路頭に迷っている時代。安定した職があるだけでも幸せだと思わなければならない。その通りだと思う。しかも私には守るべき妻子もある。それでもフランチェスコなら、そんな状況もものともせずに、極貧の生活を選んだだろう。

  当然のことながら家族は私が今の仕事を続けることを望んだ。さらには、知人のミディアムの方を通じて、見えない世界の方々からも「今は仕事をやめるときではない」と止められてしまった。私は心身の調子を崩し、しばらくの間休暇をもらうこととなった。(仕事を辞めずに休暇をとれるというのは本当にありがたいことであり、感謝しなければならないことです。本当に・・・。)

  休んでいる間に、様々なものを読み、様々な所を歩き、様々な情報に触れ、また体験をした。

  スピリチュアリズムに学び、実践していくための集まりである「悠々塾」。仕事を辞めたらどうやって生きていこうと悩んでいたときにネットで偶然見つけた。とてもまじめな取り組みが行われている。ここの掲示板では、願望達成のテクニックや占いまがいのスピリチュアルではなく、とてもまじめに生き方や病や社会問題などについての議論がかわされている。

  その「悠々塾」に集う人たちや、同じ人間同士、分かちあい支えあって生きていきたいと考える人たちが設立したNPO「ドネーションシップわかちあい」。ホームレスの人たちを支援する団体やアジアで医療活動を行う団体などをバックアップする活動を行っている。いわばNPOを支援するNPO。スピリチュアルとは直接の関係はないが、スピリチュアリズムを真摯に受け止めて生きていこうと考える立場から見て、とても共感できる貴重な団体だと思う。

  この両団体にも参加している兄妹ユニットISSIN。素敵な歌詞とメロディ、歌声で「本当の癒しの音楽」を提供してくれる。

  それからもうひとつ。経営心理学の大学教授である(あった)飯田史彦さん。『生きがいの創造』をはじめ数々のベストセラーを出している有名人だが、私は、今回の休みの間に初めて読んだ。学者という立場を生かして、あくまでも科学的な研究成果にもとづいて、論理的にスピリチュアルな人生論を説いている。御本人はスピリチュアリズムとは言わないかもしれないけれど、まぎれもなくスピリチュアリストである。その飯田先生、何と今年の3月にはついに教授の職を辞され、8月には岐阜県にスピリチュアル・ケア研究所「光の学校」を設立された(実は、行ってきましたが、その話はまた別の機会に・・・)。

  私は、フランチェスコのようにかっこよく颯爽と新しい人生に踏み出すことはできなかった。しかし、悶々と悩みながら休んでいる間に、様々な素敵な出会いがあった。どんな苦難にも回り道にも意味があるということを、また改めて身をもって理解することができたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | モーリス・バーバネル | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦