スピリチュアル体験

2012年12月 5日 (水)

久しぶりのリーディング体験

 久しぶりにミディアムのリーディング体験をしました。以前「スピリチュアル突撃体験記」シリーズで書いたように、スピリチュアリズム復帰前後は霊の実在証明を求めて、リーディングめぐりをしていました。霊の実在の100%の確信に至ったのかどうかはわかりませんが、一定の経験を重ねた今は、リーディングを受ける気がしません。ミディアムを通じて霊的存在から助言を受けることは、何か試験中にカンニングをするような気がするからです。

 私が参加したのは、実は個別のリーディングではなく、デモンストレーションでした。デモンストレーションとはミディアムが大勢の前で、そこにやってきた霊の特徴を伝え、メッセージを伝えるというものです。今回は参加者が十数名だったため、結果として一人ずつのリーディングとなりました。

 以前、「こぼれ話~父の名前」で、あるミディアムの方と雑談中に、突然その方の口から父の名前が出てきて、父からのメッセージが伝えられたことを書きました。驚きの体験でした。

 実は、今回、またまた父が出てきました。ミディアムが伝える父の職業・容姿・性格、その父が指摘する私の食生活、住んでいる家屋の問題(ベランダの排水溝に落ち葉がたまっている(笑))、家族との関係などなど、短時間でのあまりの的確な指摘に驚いてしまいました。(ちなみにこのミディアムの方は私のことを全くご存知ない初対面の方です)

 他の方々にもそれぞれ的確なリーディングが続きました。

 スピリチュアル批判派の人たちは、ニセ占い師が使うホットリーディング(事前に調査をしてあたかも当てたように見せかける)、コールドリーディング(相手の会話や表情から情報を読み取って当てたように見せかける)、ストックスピール(誰にでも当てはまるような抽象的な情報を話して、あたかも自分のことだと思わせる)などのテクニックをミディアムも使っているのだろうと主張します。

 しかし、今回の1時間余りのデモンストレーションでは、とてもそうしたテクニックでは説明がつかない事例が続出したように思います。

 19世紀末の心霊研究草創期からそうだったようですが、インチキ説でミディアムの能力を否定するのはほぼ無理ではないでしょうか。

 ここ最近「超心理学」について何回か書きましたが、霊の実在証明に最後に立ちはだかるのは、やはりESP仮説です。ところが、霊魂仮説とESP仮説はどちらも石川教授がおっしゃるところの「万能な仮説」(「超心理学4~霊魂仮説」参照)なので、なかなか勝負がつかないようですね。(「応答型真性異言」という最後の切り札があるようですが・・・)

 しかし、その両方をまとめて封印しようとする主流派科学の立場は、最も説得力がないように私は思います。

 いや、科学批判をしたかったのではなく、ミディアム体験のすばらしさを言いたかっただけなのですが(笑)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

こぼれ話~息子の空想発言

 現在8歳の息子が、6歳の頃にした不思議発言のことは「こぼれ話~父と子の会話」で紹介しました。その息子も今やそんな発言をしそうにないなあ・・・と思っていたら、今日、こんな会話がありました。

 息子が生まれる少し前に、妻は妊娠初期で流産しました。息子がその話をするので、私は「お前が一度出てこようとして、うまくいかなくて2回目で成功したのかもね」と言いました。ちょっと誘導尋問っぽいかもしれません(笑)。

 すると息子は急に雄弁に語りだしました。

 「神様から『カギをかけわすれている』と叱られたので、戻って1000個ものカギをかけてたんだ。それで1年かかってしまった。そのカギは悪い神様が入ってこないようにするためのもの。」

 「お父さんは、向こうでは、実は、僕のずっと上の上のお兄さんだった。大好きな友達の○○くんも僕の兄弟だった。もちろん妹もお母さんもそう。」

 「実は、悪い人以外のいい人たちは、みーんな兄弟なんだよ。」

 「ねえ、ねえ、お兄さん、(以下は現実的なお願い事へと続く)」

 息子がふざけてるのか、空想してるだけなのかはわかりません。ただ、「みんな兄弟」という発想が(悪人を除外していいかどうかは別にして・・・(笑))、類魂説にも通じるものがあって、とても面白いなあと思ったので、書いてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

こぼれ話~指導霊からのメッセージ?

 瞑想を始めて間もない頃、瞑想中に青空に記される文字のメッセージを読もうとしたら、「すずめ」と見えたような気がしました。「進め」という意味かななどと考えていました。翌朝、子ども(当時5歳ぐらいだった息子)が起きてきて、バルコニーの方を見て、目を輝かせながら、声をひそめて「すずめ、すずめが来てる!」と言いだしました。我がマンションのバルコニーに、めずらしく、すずめが数羽来訪していました。私は前夜の瞑想を思い出しながら、苦笑いしたのを覚えています。

 最近、あるワークショップで誘導瞑想を体験しました。最後の部分で、指導霊からプレゼントをもらうように誘導されました。私にはどういうわけかセロテープのテープカッターのようなものが見えました。それが、カタツムリのような形に見えてきましたが、生き物ではなさそうでした。「焦らずゆっくり歩みなさい」というメッセージかなと解釈しました。

 これまた翌朝のこと、子ども(まもなく6歳になる娘)が地域の運動会に出た記念にもらったプレゼントの袋を開封すると、カタツムリの形をしたかわいいテープカッター(!)が出てきました。私は思わず吹き出しそうになりました。

 私の指導霊は、私に意味のあるメッセージを伝える前に、小ネタ(?)でもっとしっかり霊的世界を信じなさいとでも言っているのでしょうか。それとも指導霊にからかわれているのでしょうか(笑)。

 私はこれまで、さまざまなワークショップなどで実習を体験してみて、霊的メッセージ、その人のオーラから読み取れる情報、単なる空想などの間の区別をつけることがいかに難しいかを痛感しました。

 私と一緒にしては叱られそうですが、私たちはプロのミディアムやチャネラーからメッセージをもらうときも、常に誤解や解釈間違いが入る可能性があることを忘れてはいけないと改めて思いました。

 少なくとも私は予言の類は決して真に受けないぞ!と思っています。

 純真な少年だった私は、20世紀中に起きると言われた「人類滅亡」(ノストラダムス)や「日本沈没」(エドガー・ケイシー)をどれほど恐れていたことか!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

こぼれ話~父と子の会話

私の8月11日のブログ「立花隆著『臨死体験』を読み返しながら・・・」の結びの部分は、こんな会話で終わっています。

6歳になる息子がある日こんなことを言った。「お父さん、神様とお話しすることってできるんだね。」「世界のみんなが好きですかって聞いたら、『あたりまえです』って答えてくれた。聞こえたわけじゃないけど、そんなふうに感じたよ。」

これは、リビングルームでの本当にあった父と子の何気ない会話です。

この会話の少し前に、息子と近所の神社に行きました。息子が「石を拾ってもいい?」と聞きました。私はふと「神様に聞いてごらん」と答えました。

すると息子はおもむろに目を閉じて心の中で質問している風でした。そして、「いいって」と言いながらうれしそうに石を拾っていました。

リビングルームでの会話は、実は続きがあります。

「みんなが病気とかにならないようにしてくださいって言ったら、『できるだけそのようにします』と答えてくれた。」

「それでね、このことをお父さんに話してもいいですかって聞いたらね」と言った後、息子は大きくうなづいて見せてくれました。

一体、息子にうなづく姿を見せてくれたのは誰だったのでしょうか。

不思議な体験をあまりしない私の、貴重な不思議体験でした。

今や8歳になった息子にこのときのことを尋ねても、かすかに覚えてるだけとのことで、何かおとぎ話でも聞くかのように面白そうに聞いていました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

SPR(心霊研究協会) | 『第2の江原を探せ!』 | 『臨死体験』 | こぼれ話 | さだまさし | アセンション | アラン・カルデック | アルボムッレ・スマナサーラ | イエス | インスピレーショナル・ライティング | インスピレーション | インペレーター | オウム真理教 | カルマの法則 | コックリさん | ゴスペル | サンタクロース | サンデーサービス | ステイトン・モーゼス | スピリチュアルな生き方 | スピリチュアル・カウンセリング | スピリチュアル・ヒーリング | スピリチュアル体験 | スピリチュアル突撃体験記 | ティク・ナット・ハン | トイレの神様 | ニセ霊視体験 | ニューエイジ系チャネリング | ハリー・エドワーズ | パワースポット | ヒーリングセンター | フォックス姉妹 | フランチェスコ | フレデリック・マイヤーズ | ブッダ | ベーシックインカム | ホメオパシー | マザーテレサ | ヨガ | 仏教とスピリチュアリズム | 仏教と自殺 | 前世 | 副守護霊 | 千と千尋の神隠し | 原発 | 友人の自殺 | 四天王寺参禅会 | 国際スピリチュアリズム協会 | 天国と地獄 | 夫婦喧嘩 | 悟り・解脱 | 指導霊とハイヤーセルフ | 書籍・雑誌 | 東京スピリチュアリズム・ラボラトリー | 死の受容 | 現代医学 | 生きる意味 | 生活保護 | 発達障害 | 紅白歌合戦 | 経済 | 自己完成・他者救済 | 自己責任 | 般若心経 | 認知療法 | 讃美歌・マントラ・念仏 | 超心理学 | 近藤千雄 | 逆説の10カ条 | 阿弥陀仏 | 霊に関する迷信 | 霊・あの世 | 霊魂仮説とESP仮説 | 飯田史彦