« 2013年2月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年3月

2013年3月20日 (水)

上祐史浩著『オウム事件17年目の告白』を読んで~善悪二元論を超えて

 かつて「ああ言えば上祐」と揶揄されたオウム真理教のスポークスマンだった上祐史浩氏による総括の書『オウム事件17年目の告白』を読みました。

 オウムが引き起こした事件に関する部分は慎重な言い回し(「○○についてはロシアにいたので知らなかった」など)に終始している感はありますが、事件についてはすでに様々な人たちが調べたり語ったりしてきているので、ここで問題にするつもりはありません。

 私が注目したのは、オウムの思想に対する総括です。上祐氏は、オウム真理教が改名したアレフにおいて改革を進めようとしましたが、内部分裂を招き、新団体「ひかりの輪」設立に至ります。そしてその「ひかりの輪」との違いを述べるなかで、彼はオウムの思想を次のように総括します。

 「一方、麻原・オウム真理教の思想の特徴は、善悪二元論だった。自分たちこそが預言された、生き残るべき神・キリストの善業多き魂の集団で、残りの社会の大半は滅ぶべき(ポアされるべき)悪業多き魂として、世界を善悪で二分化するものだ。
 しかし、これは、明らかな妄想だった。自分たち=教団に関しては誇大妄想であり、他者=社会に対しては被害妄想を抱くものだったのである。」

 これは、非常に鋭く、的を射た指摘ではないかと思います。
 これに対して、現在の上祐氏は一元論的な思想を主張します。

 「この一元論とは、万物が繋がっているという、万物の一体性を強調する思想である。釈迦牟尼の中核の思想である「縁起の法」も一元論である。如何なるものも、他から独立して存在していないと説くものだ(万物相互依存)。」

 麻原への盲信から脱却するなかで大乗仏教を中心に学んできた人らしい表現になっていますが、私も基本的には同意できます。おそらく仏教の無我とか縁起という思想も、ニューエイジで言われるワンネスも、スピリチュアリズムで語られる類魂や私たちは神の一部という考え方も、同じようなことを言っているのだろうと、私は思っています。(以前「仏教とスピリチュアリズム(1)~(4)」でこれに近いことを書きました。)

 問題は上祐氏が言うところの善悪二元論です。これに近い発想もニューエイジやスピリチュアリズム周辺のあちこちに転がっていないでしょうか。

 実は上祐氏と私はほぼ同世代です。つまり同じ時代背景を共有しています。私たちは小学生時代から、ノストラダムスの予言により、1999年7の月に人類は滅亡すると脅されました。そして中高生時代、米ソは激しく対立し、核戦争の危機が目前に迫っているように感じました。しかし、政治は腐敗していて、その危機を回避してくれるようには見えませんでした。アフリカなどでは飢餓が蔓延し、エイズなどの新たな病気も発生し、このままでは人類は本当に予言どおり滅亡してしまうのではないかと思いました。

 何とかしなくてはいけない-そういう問題意識そのものは尊いものですが、それが善悪二元論と結びつくと、とんでもない怪物が生まれることになります。

 腐敗・堕落しきった人類を滅亡から救うのは私たち=正しき者であるという「誇大妄想」。私たちは正しき者であるのに、なぜか社会の多数派にはなれず、勢力が伸びない。それどころか多数派から批判的に見られる。多数派の裏には「闇の勢力」がいて、私たちと敵対し、妨害してきているに違いないという「被害妄想」。そんな風に認識してしまうと、これからの歴史は「正しき者」と「闇の勢力」との戦いであると見なしてしまい、私たち=正しき者は最終的に勝利し、「闇の勢力」側に加担した人たちは滅びる運命にあると考えてしまう。

 こうした考え方を私はあちこちで見聞するように思います。しかも、一方で「一元論的な思想」を主張しているはずのニューエイジやスピリチュアリズムの周辺で、です。

 私が高校生のとき、友人に連れられて行ったある新宗教の道場の壁には「人類のエリートとしての自覚を持ちましょう」と書かれた貼り紙がありました。

 近年流行りのアセンションについては、その言葉を使う人によって意味が多様なので、一概には言えませんが、善悪二元論的な色合いが非常に濃いと思います。アセンションについては、4年ほど前に「『宇宙人のしゅくだい』~アセンション論議に思う」という記事を書きました。最近になって初めてこの記事にコメントをいただきましたが、その中にアセンションを待望する善悪二元論的な発想を感じたので、結構必死になって反論を書いたりしました。

 決して清く正しく美しいとは言えないこの世界。腐敗や堕落が溢れかえっている世界。でも、そこで「正しい我々と間違っている奴ら」という発想に陥ってしまったら、その先はオウムへの道ではないでしょうか。

 そういう意味で、上祐氏の言う「自他一体の一元論」という考え方には共感できます。ただ、これは上祐氏が言っているわけではないですが、これまでの西洋キリスト教文明ではだめでこれからは東洋仏教文明だとか、○○の時代が終わって△△の時代だというような、よく聞く発想も安易すぎるように思います。決して揚げ足取りをしたいわけではなく、そういう言い回しの先に、悲惨な結末が待っていたという事例もこれまで多数あったからです。確かに時代が大きく動いて、大どんでん返しが起きるということは歴史上あります。しかし、その前後で何もかも変わってしまうのかというと、人間は意外と同じようなことで悩み、壁にぶち当たり、過ちを犯し、反省していくものではないでしょうか。A時代がB時代に変わったからと言って、A時代に抱えていた問題が全て解決するようなものではないと思います。

 話が広がってしまいましたが、スピリチュアリズムの立場から言えば、醜いものも抱えている世界を私たちはあえて選んで生まれてきたはずです。4年前の記事の繰り返しになりますが、世界を一気に変えてくれる大どんでん返しを待ち望むのではなく、自分自身が選んだ時代や環境の中で、日々の営みをひとつひとつ丁寧に生きていくことにこそ、人生の意義があるのではないでしょうか。

 上祐氏の総括と反省を読みながら、これは私たちスピリチュアリストも心しなければいけない問題だと改めて思いました。

(追記)

 上祐氏は、一元論的世界観につながるものとして聖徳太子の十七条憲法を紹介しています。確かにとてもいい文章なので引用させていただきます。

 「自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。皆ともに凡人なのだ。そもそもこれがよいとかよくないとか、だれがさだめうるのだろう。おたがいだれも賢くもあり愚かでもある。それは鐶(たまき)には端がないようなものだ。」(十七条憲法第十条)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年6月 »