« 霊魂仮説とESP仮説~ある問いを受けて | トップページ | 前世について~近藤千雄さんを偲んで »

2012年12月28日 (金)

スピリチュアルな生き方とは~あるミディアムとの対話から

 「久しぶりのリーディング体験」のコメント欄以降、少し理屈っぽい文章が続いたかもしれません。

 私が、一方で霊的体験は霊魂仮説とESP仮説のどちらでも説明可能で科学的には決着がついていないなどと書き、他方でスピリチュアリストとして霊の実在と死後存続を信じているなどと書いていることに、奇異な感じを受けた方もいるかもしれませんね。一体どっちやねん!と(笑)。

 その答えになるかどうかわかりませんが・・・。

 「久しぶりのリーディング体験」の翌日、同じミディアムの方による対話中心のワークショップに参加しました。私は、以前書いたようにミディアムを通じて霊的存在から助言をもらうことにあまり関心がありません。いや、助言をもらいたいのは山々ですが、あえて「カンニング」を自らに禁じています。そういう私がなぜ、デモンストレーションやワークショップに出かけていくのか?それは、自分自身がもともと理屈っぽい人間で頭でっかちになりがちなので、できるだけ実体験をしておきたいという思いがあるからです。

 ミディアムとの対話では、まず、私がスピリチュアリズムにたどりついた自分史を語りました。そのあと、ミディアムから何を求めてここに来たかと問われました。私は「霊の実在に100%の確信が持てているわけではないので・・・」などと言いました。そう言いながら、必死になって霊の実在証明を求めてミディアムめぐりをしていた頃と比べると、今はそんなに証明を求めているわけではないので、何か自分の言ってることにしっくりこないなあなどと思っていました。

 それをミディアムに見抜かれました。「あなたはもうそういう段階ではないですよね」とズバリ!そして「日常生活とスピリチュアルな世界は別物だと思いますか」と問われました。私はもちろん「別物ではない」と答えました。

 「あなたはすでに日常生活の場でスピリチュアルな実践を重ねておられますよね」

 うーん、鋭いところを突いてきます。そうなんです。私は日常の職場や地域や家庭での営みこそがスピリチュアリズムの実践の場だと考えています。人生観、世界観の根本にはスピリチュアリズムがあります。ミディアムやヒーラーとして生きていくことがスピリチュアルなのではなく、スピリチュアリズムに基づいて、人と人との関係や自分に振りかかってくる様々な課題や困難と向き合っていくことこそがスピリチュアルな生き方だと思っています。

 ミディアムからはさらに職場での私の振る舞いや家族との向き合い方についても、鋭い指摘が相次ぎました(個人的なことなので内容は割愛します)。「もっと自分をほめてあげてもよいのでは」などというありがたい言葉もいただきました。

 私は一応スピリチュアル・ヒーラーの資格もいただいています。そして、そのことに亡き父が関心をもっているようでした。実は随分前にイギリスのミディアムからも同じことを言われました。ただし、何も手をかざしてヒーリングをすることだけが癒しではなく、上で述べたのと同じように職場や家庭での振る舞いによって人に癒しを与えていくのが、どうやら私の役割のようでした。

 今回のワークショップは、私が普段考えていることを再認識し、改めてそういう方向でがんばっていこうと思える場となりました。

 霊の実在が科学的に証明されているかどうか、だけにこだわっていては、人生、前に進めません。

|

« 霊魂仮説とESP仮説~ある問いを受けて | トップページ | 前世について~近藤千雄さんを偲んで »

スピリチュアルな生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/56413406

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルな生き方とは~あるミディアムとの対話から:

« 霊魂仮説とESP仮説~ある問いを受けて | トップページ | 前世について~近藤千雄さんを偲んで »