« ゴスペル・クリスマスコンサートのお知らせ | トップページ | 久しぶりのリーディング体験 »

2012年11月20日 (火)

超心理学4~霊魂仮説

 石川幹人著『超心理学-封印された超常現象の科学』の第10章は「霊魂仮説について考える」となっています。

 そこで、大学の市民講座で超能力を取り上げた際、ある受講生から「霊魂ではダメなのか」と詰め寄られた、というエピソードが紹介されています。

 これに対する石川さんの回答は「霊魂の仕業にすると、なんでも説明できてかえってダメなんです。万能な仮説は、予測力がなく科学的に役に立たないのです」というものです。

 一瞬、確かにそうだなと思いました。しかし本当にそうなのでしょうか?

 続けて書かれてる内容を抜粋してみます。
 「まず、霊魂とはどんなものか判明していない」
 「はじめに霊魂の性質を明らかにしておかねばならない」
 「霊魂や幽霊が物の世界といかにかかわるかが明示されることが特に重要だ」
 「幽霊が「見る」とはどういうことかが語られてないと意味がない」

 うーん、これはどうでしょう?霊魂仮説に対してそうおっしゃいますが、超能力の方もほぼ同様ではないでしょうか。工学博士に逆らう知識も能力も持ち合わせてはいませんが、主流の科学者が超心理学にだけやたらと高いハードルを設定しているのと同様のことを、ここでしてしまっていないでしょうか。本書は「超心理学の封印」がテーマですが、超心理学が「霊魂仮説」を封印しようとしているようにも見えます。

 スピリチュアリズムの側から言えば、霊魂や死後存続を証明する事例をどんなに示しても、ESP(超感覚的知覚)仮説を持ち出されると(ほとんど)すべて説明できてしまいます。つまりこちらもまた「万能な仮説」と言えるのではないでしょうか。

 石川さん監修(日本語訳)によるステイシー・ホーン著『超常現象を科学にした男-J.Bラインの挑戦』では、超心理学の創始者ラインの奮闘ぶりが描かれています。彼を寄付金などで支援する人たちは彼の研究に霊や死後生の存在証明を期待していました。彼自身もまた本当の動機はそこにあったようでした。しかし一方で彼の当面の最大の目標は超心理学を科学として認めさせることでした。そしてその具体的な形が彼の設立した超心理学協会を権威ある米国科学振興協会のメンバーとして受け入れてもらうことでした。そのために彼の研究は霊や能力者などの扱いにくい(しかも科学者から蔑まれる)存在から遠ざかっていきます。そして彼の晩年の1969年に、何と4回目の挑戦にして、超心理学協会は米国科学振興協会への加入が認められます。

 しかし、その後はどうでしょう?それでラインの真の目標は達成されたのでしょうか。答えはもちろん否定的なものとなります。だからこそ、それから40年以上が過ぎた現代でもなお「封印された超常現象の科学」と言わざるを得ないわけです。

 つまり、私が言いたいのは、「科学」に認められるために霊魂や死後存続を退けてみても結果は一緒じゃないか、ということです。それならば霊魂仮説だけを封印するのではなく、それも含めた研究をしてほしいなあというのが私の願いです。

|

« ゴスペル・クリスマスコンサートのお知らせ | トップページ | 久しぶりのリーディング体験 »

超心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/56156049

この記事へのトラックバック一覧です: 超心理学4~霊魂仮説:

« ゴスペル・クリスマスコンサートのお知らせ | トップページ | 久しぶりのリーディング体験 »