« 最近読んだ本 | トップページ | 仏教と自殺~『ルポ 仏教、貧困・自殺に挑む』を読んで »

2012年2月19日 (日)

この世の意味と政治参加~『生きがいの創造Ⅳ』を読んで

 先日、「最近読んだ本」と題して、飯田史彦著『生きがいの創造 Ⅳ 私たちはどこへ向かうべきか?』をほんの少し紹介しました。今回はそのやや詳細版です。

 飯田さんは、部分的な拾い読みによる誤解を避けるために、細かい目次をつけておられません。私の紹介がその折角の配慮を台無しにしてしまわないように気を付けないといけませんね。本の紹介というより、飯田さんのメッセージに触発された私の考えの表明であるとお考えください。

 飯田さんと光の存在は、人間がこの物資世界に生まれてくる目的について問答を交わします。生きる意味について答えが得られず、スピリチュアリズムを学んではじめて納得のいく答えを得たという経験を、多くのスピリチュアリストがしていると思います(このことは以前、『生きる意味~スピリチュアリズムの本質』で書きました)。しかし、それでもなお、なぜわざわざこの物質世界に生まれてくるのだろうという疑問をもつことがあります。魂の成長にとって貴重な修行の場であるとも言われます。これに対する光の存在の答えは、「信じることに挑戦するため」です。拍子抜けするようなシンプルな答えです。「この物質世界に生まれてくると、脳意識を中心とした、言葉による意思疎通が、主な交信手段となります。だからこそ、自由自在に非言語のコミュニケーションができる光の世界には存在しない、ある重要な感情を体験することが可能になる」というのです。

 これは、なかなか本質を衝いた答えだと思います。私たちは前世の記憶も消され、本質は霊であると言われても、それを見ることも触ることもできない環境に置かれているのです。誰もが前世の記憶を持ち、完璧な霊能力を有していたら、ことさらスピリチュアリズムという必要さえないでしょう。そういう環境に置かれながら、他者を信じたり、社会とかかわったり、世界や宇宙のことを考えたりすることにきっと意義があるのでしょう。

 ここでひとことスピリチュアル界に苦言を呈しておかねばなりません。物質世界で生きる意味がそうであるならば、自分の前世を知ろうとしたり、何でもかんでも霊能者や占い師にアドバイスを求めたりするというのは、人生の意義を台無しにするような行為ですよね。

 本書の内容に戻ります。もうひとつ印象に残ったのは、光の存在が政治参加の意義について語っていることです。これはスピリチュアル系の書物ではめずらしいのではないでしょうか。私の中では、スピリチュアリズムと政治参加は全く違和感なく結びついているのですが、世間の人たちが考えるスピリチュアルとは、どちらかというと政治や社会の現実から逃避するようなイメージではないでしょうか。実際、そういうスピリチュアルは世に溢れています(これ以上の苦言はやめておきます(笑))。

 本書は、東日本大震災を受けて書かれています。震災後は政治や国家に対する不信が吹き荒れました。それは当然の批判でもありましたが、あまりにも政治や国のせいにばかりしていないかという風にも感じました。その少し前まで、小さな政府で多くのことを公から民にゆだねるべきとか、地方分権で国から地方自治体へと主張していた人たちが(その主張自身は正しい部分もありますが)、こぞって国が国がと言い出したのには正直とまどいました。

 光の存在が、批判ばかりしていないで政治参加をと言うのは、まるで公民や現代社会の教科書のようですが、政治にそれなりの関心をもってきたものとしては心強いかぎりです(当然のことですが、スピリチュアリズム党を作れとかそんな短絡的な話ではありませんよ(笑))。

 少し話がそれますが、社会学者の宮台真司さんは、かつてポストモダン系の人たちによくあるように、政治なんてしたい人たちだけがかかわればいいという主張をしていました。宮台さんの鋭い知性には一目を置いていた私ですが、この意見には同意できませんでした。しかし、その宮台さんも最近は(特に震災後は)、「〈任せて文句たれる社会〉から〈引き受けて考える社会〉へ」(「グリーンアクティブ」に関する宮台真司のアピール)などと言い始めています。

 東日本大震災を契機に社会が変わったという言い方は、あちこちでなされています。あまり我田引水めいたことばかり言うのは考えものですが、確かに変わり始めているという気もします。何せ、光の存在と宮台真司さんの意見が一致するのですから・・・(笑)。

|

« 最近読んだ本 | トップページ | 仏教と自殺~『ルポ 仏教、貧困・自殺に挑む』を読んで »

飯田史彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/54024022

この記事へのトラックバック一覧です: この世の意味と政治参加~『生きがいの創造Ⅳ』を読んで:

« 最近読んだ本 | トップページ | 仏教と自殺~『ルポ 仏教、貧困・自殺に挑む』を読んで »