« 大田俊寛著『オウム真理教の精神史』を読んで~異質だけれど近いもの | トップページ | この世の意味と政治参加~『生きがいの創造Ⅳ』を読んで »

2012年1月25日 (水)

最近読んだ本

 長らくご無沙汰しています。
 なかなかまとまった文章を書く余裕がないのですが、数少ない読者の皆さんに、生きているという報告を兼ねて、最近読んだ本の紹介をします。

 武本昌三著『天国からの手紙 愛する家族との18年間の霊界通信』

 あの大韓航空機事件で(なぜかソ連領空を侵犯してしまった大韓航空機が撃墜された謎と疑惑が残る事件です。私は当時予備校生でした)、妻子を失った大学教授による著作です。事件に翻弄されながら、紆余曲折を経て、SAGB(英国スピリチュアリスト協会)のミディアムを通じて、その妻子と再会・交流を重ねていく感動的なお話です。こういう感動こそがスピリチュアリズムの神髄だと私は思います。

 飯田史彦著『生きがいの創造 Ⅳ 私たちはどこへ向かうべきか?』

 ご存知、元大学教授、経営心理学者の飯田先生の最新作です。大学教授の職を辞され、「光の学校」(岐阜から京都へ移るそうです)を開設されてからの飯田さんは、ご自身のスピリチュアルな能力を隠さず、前面に押し出した著作を次々と発表されています。以前のような科学的研究に依拠したスタイル(こちらも読みごたえがあってよかったと思いますが)ではなくなってきています。そして、本書は、東日本大震災を受けて、飯田さんがさらに覚悟を決めて本気になってこられた作品という印象を受けました。飯田先生、ともにがんばりましょう!

 磯村健太郎著『ルポ仏教、貧困・自殺に挑む』

 タイトルそのまんまの朝日新聞記者によるルポです。数年前、文化人類学者の上田紀行さんが『がんばれ仏教!』という本で仏教にエールを送っておられましたが、この本は、貧困や自殺が問題となっている現代日本で、そのようなエールに応えてがんばっている仏教者の紹介です。さて、スピリチュアリストは・・・。

 それぞれにもっと突っ込んでコメントしたいところもあるのですが、本日はこのあたりで。

|

« 大田俊寛著『オウム真理教の精神史』を読んで~異質だけれど近いもの | トップページ | この世の意味と政治参加~『生きがいの創造Ⅳ』を読んで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/53824333

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本:

« 大田俊寛著『オウム真理教の精神史』を読んで~異質だけれど近いもの | トップページ | この世の意味と政治参加~『生きがいの創造Ⅳ』を読んで »