« 静寂の境地か、スピリチュアルな境地か | トップページ | こぼれ話~小学生の私の死の受容(?) »

2011年9月 3日 (土)

スピリチュアリズムと「生きる情熱」~高森光季さんの問いに答えて

 前回の記事「静寂の境地か、スピリチュアルな境地か」に対して、東京スピリチュアリズム・ラボラトリーの高森光季さんから、次のような問いかけがありました。

 「死後も生は続く」という確信が、「生きる情熱」に影響を与えるということがありましたでしょうか。たとえばある人にとっては、「今生がすべてではない」ということが、「生への情熱」を冷ますというようなことが、あるのかないのか……

 なるほど、(私の理解では)スピリチュアリズムの核心をついた問いかけですね。

 私はこれまで、ブログの中で、何度かこの点について触れてきました。結論を先に言うと、私にとっては「生きる情熱」に対してプラスの影響がありました。自分自身の復習を兼ねて引用してみます。

 スピリチュアリズムの素晴らしい点は、「生きていくことの意味」を教えてくれることだと思う。そして、そのことにより人生や世界との関わり方において決して虚無的にならず、前向きになれることだと思う。日常生活のささいなことにも意味を見出し、前向きになれたら、もはや私たちは終末や大どんでん返しを待ち望む必要はない。(090723『宇宙人のしゅくだい』-アセンション論議に思う)

 スピリチュアリズムの考え方に触れて、とても納得感があり、これはきっと真実に違いないと思えたのはなぜだろうと考えてみる。私は、それは、「死の恐怖」から解放してくれるとともに、「生きる意味」を合理的に教えてくれるからだろうと思う。(100211 生きる意味~スピリチュアリズムの本質)

 これまで何度か書きましたが、スピリチュアルとは、開運や願望達成のための不思議なテクニックや来世に期待する思想などではなく、「この世」に対する新たな視点を提供してくれて、より前向きで積極的な生き方をもたらしてくれるものだと思います。(100615 霊やあの世の存在はそんなに大事か)

 ひとことでまとめると、やはり「スピリチュアリズムは生きる意味を合理的に教えてくれる」というところでしょうか。「この世」に生を受けたのには、それなりの背景と理由があるということと、「この世」の後にもいろいろと予定があるという認識から得られる見通し感みたいなものです。

 それで、実際には、私はどうだったのか?

 私が、スピリチュアリズムの考え方に出会ったのは、高校2年生、16歳の夏です。初めは日本の宗教家から、少し後にはシルバーバーチから学びました。

 それまでの私は、「生きる意味」について答えが得られず悶々としていました。単に哲学的に悩むというよりも、一番の土台である「生きる意味」がわからないことから、その他のさまざまな意見や道徳などはすべて根拠のない空虚なものに思えました。

 中学校であるクラスメイトが、「なぜ勉強しなければいけないのか?」と先生に食って掛かりました。私はもっともな問いかけだと思いました。生きる意味もわからないのに、勉強しなければならない理由などあるはずもない・・・と。実際、そのクラスメイトは、先生とのやり取りの中で「なぜ生きているのか?」という問いも発していました。校則を守りましょうという先生たちの言葉に「なぜ」と疑問を発する生徒もいました。これももっともだと思いました。

 そうです、どんな言説もすべて空虚に思えてくるのです。それもこれも一番の土台のなぜ生きているのかがわからないからです。少し前に、「なぜ人を殺してはいけないのか」と若者が問いかけて、世間が騒然となりましたが、これもある意味もっともな問いですよね。

 こんな風にあらゆるものの価値を否定していく考え方をニヒリズムと呼ぶのでしょうか?私はある種のニヒリズムに陥っていたのかもしれません。そしてそんな状態になると、「○○は健康に悪いからやめましょう」と言われても「けっ!」と思います。「将来のために○○を学ぼう」と言われても、「なぜ将来のことなんか考えないといけないの」となります。手が付けられない嫌な奴ですね(苦笑)。

 実際の私はそこまでひねくれた若者にはなりきれませんでしたが、ただ、少なくとも頭の中ではそうでした。ニヒリスティックな意見や生き方を否定できず、むしろ共感している自分がいました。

 そんなときに、スピリチュアリズムに出会ったのです。ニヒリスティックな考え方とも違う、いくつか体験した非合理な宗教団体とも違う。霊だのあの世だのという非合理の世界を扱っているにもかかわらず、その説明ぶりは、きわめて合理的で説得力があるように思いました。

 それまでの高校生活は、何のために勉強するのかわからないまま勉強し、なぜ大学に行くのかも判然としないまま大学受験を意識していました。とても息苦しかったのを覚えています。

 しかし、スピリチュアリズムに出会って、発想が変わりました。まず、自分はどんな課題や目標を設定してこの世に生まれてきたのだろうと考えました。自分が今生でしたいこと、できることは何だろうと考えました。そして、それに基づいて、大学で何を学ぼうと考え、それに向かって、自分なりに意味づけをして勉強をしていきました。

 こんな風に書くと、実に優等生的ですよね。しかし、実際にはそんなに美しくは行きませんでした。スピリチュアリズムを基盤に生きていこうと勢い込んで、逆に心身状態を崩したり、まさにジグザグ走行でした。しかし、スピリチュアリズムとの出会いを契機に、進路を大きく変えたのは間違いありません(それが正しかったのかどうかは別として)。また、その後も決して順風満帆とは言えない人生が続きますが、それでも自分の中に、合理的に納得できる「生きる意味」がある限り、絶望的な気持ちになることは決してありませんでした。どんな出来事にも困難にも必ず意味があると思えるのです。

 もちろん、こういう生き方の転機というものは、ほかの宗教などももたらしうるものですが、スピリチュアリズムの違う点は、神秘体験や熱狂や特定人物のカリスマ性などではなく、合理的で理性に訴えかける世界観・人生観に依っているというところだと思います。

 それでは、高森さんの後段の問いかけ「「今生がすべてではない」ということが、「生への情熱」を冷ますというようなこと」についてはどうでしょうか?

 これは、あり得るとしか言いようがありません。私はスピリチュアリズムの誤用であると思いますが、どんな思想でも、全体を理解せず、ある一部分のみを切り出して、自分の都合のいいように、あるいは、とんでもないいびつな方向に理解してしまうということは起こりえます。

 親鸞の悪人正機説は、もはや私のような者が救われるはずもないと絶望していた人たちに光明をもたらしたかもしれませんが、悪人でもいいんだと悪行の限りをつくした人たちもいたかもしれません。「そのままのあなたでいいんだよ」という自己肯定感を取り戻させる言葉が、その人の成長を止めてしまう言葉になってしまう場合だってあります。

 したがって、スピリチュアリズムを説くにあたっても、相手の置かれている状態や理解力に合わせて、どこに力点を置くかを考えないといけないということでしょうか。またまた、「対機説法」「応病与薬」という話になってしまいましたね(ただし、この場合、真理そのものの変更ではなく、あくまでも説き方、与え方の問題として、です)。

 余談ですが、社会学者の宮台真司さんは、オウム真理教事件のころの著作で、「人生に意味なんかない」と断言した上で、「意味」を追求する生き方を戒め、「意味」がなくても生きられる「強度」を身につけていくことを提案しています。しかも「解脱」という言葉も使いながら・・・。こういう考え方は、前回の記事で取り上げた「死をすべての終わりと見なしながら、それでも静かな諦念の中で死を迎える姿」と相通ずるものがありますね。そして、どちらに対しても私は同じ理由から懐疑的です。ひとことで批判するとすれば、「無理して、突っ張ってんじゃねえ!」です。

|

« 静寂の境地か、スピリチュアルな境地か | トップページ | こぼれ話~小学生の私の死の受容(?) »

生きる意味」カテゴリの記事

コメント

おお、早速のご回答、ありがとうございます。

10代で出会われて、「「この世」に生を受けたのには、それなりの背景と理由があるということと、「この世」の後にもいろいろと予定があるという認識から得られる見通し感みたいなもの」をお持ちになって生きてこられたというのは、すごい話ですね。
こういう素晴らしい例があるというのは、たいへん勉強になりますし、心強い感じです。

おっしゃっている「誤用」、ないしは「都合のいいように」理解するということの問題は、いつも気になっていることなのです。またそれは改めて。

投稿: 高森光季 | 2011年9月 3日 (土) 23時51分

はじめまして。実は先日妻を亡くしました。妻は複雑な生い立ちで子供の頃、いろいろな意味で寂しい思いをしてきました。そのようなことを聞いていたので、結婚したら寂しい思いはさせないように、愛情一杯の家庭を築いてきました。元気な頃は、幸せすぎて幸せすぎてと口癖のように言っていました。それが、3年前に頸椎を痛めてから、かなり体調を崩し、寝たきりのような生活を2年半続けました。最後の半年は体は嘘のように回復したのですが、長い間寝たきりで、家族に負担を掛けたことが、心の重りになったようで、鬱病になり、自分からこちらの生活に終わりを告げてしまいました。
残された私、義理の母は守ってあげられなかったことや、早すぎる死にそれを受け入れられずにいます。特に私は今まで、妻を幸せにすることだけを考えてきたので、これから私が生きていく意味を見いだせずにいます。妻のいないこの世界で、何故仕事頑張らなくちゃいけないんだ?とか考えてしまいます。
そんな時、高森さんの「死者にどう祈るか」を読み少し救われた気がしました。今、私が苦しんでいることは、先述のように、何故生きていかなくてはならないのか?ということと、自殺をしてしまった妻の魂は救われているのか?ということです。特に自殺をすると、魂は救われないよとか、言われまして、それは本当に心配です。何とか心地よいところへ行って欲しいと強く願います。どうしたらよいのか、何か一つでも救われる言葉があればと思い、メッセージを送らせてもらいました。

投稿: | 2013年5月27日 (月) 16時22分

とてもお辛い状況の中、ようこそお越しくださいました。きっと高森さんのサイト経由で来られたのですね。
こちらのパソコンの不具合ですぐにお返事ができす申し訳ありません。

適切な助言などできるはずもありませんが、自殺をしてしまった魂がどうなるのかについては、長年鬱で苦しんで自殺に至った私の友人のことを取り上げた2つの記事を是非お読み下さい。タイトルは全く異なりますが、実はつながっている記事です。

090821 友の死~悪戦苦闘こそ人生
http://glass-age.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-0464.html
090828
 
『第2の江原を探せ!』~新たなステージの予感
http://glass-age.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-0cf7.html

自殺した魂は救われないとか、地獄に落ちるとかいう話が、いかに安直で一面的な理解や偏見によるものかがわかっていただけると思います。

上の記事は私の身の回りの個人的なエピソードに過ぎませんが、もう少し理論的に仏教者が自殺について考察した成果を紹介した記事が次のものです。

120301 仏教と自殺~『ルポ 仏教、貧困・自殺に挑む』を読んで
http://glass-age.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-247b.html

宗教が自殺を罪としてしか見てこなかったことが、いかに遺族を苦しめてきたかがわかります。

自殺というのは、本当に様々な要因や出来事が重なった上で、本人が選択した、あるいは選択せざるを得なかったものだと私は思います。踏み切った人と踏みとどまった人の差なんて紙一重だと思います。その一方の魂は救われず、他方は救われるというような単純な二分法でこの世界(霊界を含め)ができているなどということはあり得ないと私は思います。

参考になるかどうかわかりませんが、現時点で私が思うことを書かせていただきました。

投稿: Glass Age | 2013年6月 1日 (土) 22時00分

暖かい返事ありがとうございます。今は妻は生きることを逃げたために、自ら旅立っていったのではない、周りにこれ以上迷惑を掛けられない、といって逝ったのだから、救われないわけがないと思っております。周りに人が何を言おうが、そう思っているし、妻から伝わってくる空気が暖かいので、私はそれが本物だと信じております。
ただ、私が早く立ち直って、次に進まねばと思っていますが、それが全くできていない。私が幸せになることが妻の幸せでもあると信じているのに、それができずにいます。
でも、本当に暖かい言葉ありがとうございました。返事を頂けると思っていなかったので、本当にうれしいです。

投稿: | 2013年6月13日 (木) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/52640325

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアリズムと「生きる情熱」~高森光季さんの問いに答えて:

« 静寂の境地か、スピリチュアルな境地か | トップページ | こぼれ話~小学生の私の死の受容(?) »