« 東北地方太平洋沖地震 支援情報 | トップページ | こぼれ話~父の名前 »

2011年3月29日 (火)

仏教とスピリチュアリズム(4)~類魂と無我と空と

 生まれ変わりがあるとして、前世と今生の私に同一性があるのだろうか、さらには類魂説を取り入れたら、果たしてどこからが私でどこまでが私なのか・・・。そんな問題提起をしました。

 こういう哲学的悩みには、仏教の出番です(笑)。仏教の無我説では(但しブッダ直伝ではなくもう少し後世の仏教)、そもそも「常住不変」なる私などというものは存在しないと説きます。そうです、どこからが私でどこまでが私などと眉間にしわを寄せて追究して何になるのでしょうか。

 前世と今生の私に同一性があるのかというのは一見もっともな問いに思えます。でも考えてもみてください。この世での私だって、同一性があると言えるでしょうか。私は幼い頃の記憶が鮮明にある方ですが、それでも3歳ぐらいまでが限界です。2歳以前のことは思い出せません。0~2歳の私も怒ったり泣いたり喜んだりして自我を発揮していたことはアルバムにも残っていますが、当時のことを親や親せきから聞かされても全く記憶にないので妙な気分になります。当時私を構成していた皮膚も血液も細胞も、現在の私には全く残っていないでしょう。つまり精神的にも肉体的にも現在の私と同一性があるのか疑わしいというわけです。

 しかし、だから何なのでしょう。同一性が疑わしいから、人間が、幼児から子供へ、青年へ、大人へと成長していくというのは幻にすぎないとでも言うのでしょうか。私は、無我説と輪廻説が両立しないという議論はこれとよく似た極論だと思います。今の私の記憶にはないけれど、幼い頃受けた親からの愛情や様々な葛藤や経験は、間違いなく今の私に影響を及ぼし、私の個性の一部になっていることでしょう。細胞に同一性はないのかもしれませんが、幼い頃に受けた傷の痕跡はあちこちに確かに残っています(よく怪我をする子供だったようです(苦笑))。同一性があるのかないのかは知らないけれど、間違いなくそうした「つながり」がある。それでいいのではないでしょうか。

 「無我」とか「空」とかいう考え方を極論にまで推し進めてしまうと、まるで宇宙全体が黒や白の一色に塗り込められてしまって、多様な個性や色が消え失せてしまうようなイメージをもってしまいます。しかしそういうことではないのだと思います。虹は見る人の文化によって、七色に見えたり、別の数の色に見えたりすると言います。実際には色の数を特定することはできません。しかし、だからと言って、カラフルな色の美しさを幻とでも言うのでしょうか。色の境界は厳密には引けないけれど、確かに多様な個性をもった色で構成されているのです。

 類魂の一員として生まれ変わりを繰り返す私たちも、虹を構成する一色のようなものではないでしょうか。そして、その類魂もより大きなグループの一部を構成していて、そうした連鎖は全体=神にまでつながっていると言われます。私たちはそれぞれに豊かな個性をもつ存在でありながら、厳密には独立した存在ではなく、相互に浸透し合った存在であり、全体=神の一部分でもある。こんな感じでしょうか。

 こんな風に、私の中では、仏教的な考え方とスピリチュアリズムの類魂説がひとつに溶け合って、それなりに納得しています。

 今回書いたことは、実は以前の記事「幼稚園ではおもちゃで存分に遊ぼう!~悟りあるいは解脱について」で少し触れた内容を改めて展開してみたものです。併せて読んでみてください。また、東京スピリチュアリズム・ラボラトリーのスピリチュアリズム・ブログで展開されている議論とも響き合っています。

 これにて理屈っぽい文章は一旦終わります。

|

« 東北地方太平洋沖地震 支援情報 | トップページ | こぼれ話~父の名前 »

仏教とスピリチュアリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/51249693

この記事へのトラックバック一覧です: 仏教とスピリチュアリズム(4)~類魂と無我と空と:

« 東北地方太平洋沖地震 支援情報 | トップページ | こぼれ話~父の名前 »