« こぼれ話~『サンタクロースっているんでしょうか?』 | トップページ | こぼれ話~ブラジルで始まったベーシックインカム »

2010年12月16日 (木)

ふたたびイエスについて~十字架のメッセージ

 1年前に「私にとってのイエス」という文章を書きました。『聖書物語』ぐらいしか読んだことのない人間によるイエス論でした。またまたクリスマスを前にして、イエス&キリスト教について書いてみます。

 私が愛読しているスピリチュアリズム・ブログ(http://blog.goo.ne.jp/tslabo)では、高森光季さんによる長大なイエス論が連載されていました。スピリチュアリストだからと言って、好き勝手なイエス像を展開している霊界通信などをもとにするのではなく、あくまでも聖書についての文献学的研究に基づいた高レベルのイエス論です。私など恐れ多くて全くコメントできませんでした(苦笑)。ただ、イエスについて多くのことを学びました。また、田川建三さんという異色の聖書学者のことも教えられ、『イエスという男』や『キリスト教思想への招待』などを読むことができました。

 キリスト教の大事なシンボルは十字架ですよね。私は、イエスが十字架で磔になったのは、きっとイエスの、あるいは、より高次元世界の戦略だったのだろうと想像しています。十字架への磔というシンボルは、現代のどんな優秀な広告会社もかなわないほどの圧倒的なメッセージ力があると思います。

 それは、イエスが「目には目を歯には歯を」という当時の常識をきっぱりと否定し、「右の頬をぶたれたら左の頬をも差し出しなさい」と述べた、その言葉との完全な言行一致性を示すものだと、私は理解しました。「悪い奴には逆らうな」「敵をも愛しなさい」とも述べたイエスが、「それはこういうことだよ」と見せてくれたのが十字架への磔ではないかと私は思うのです。そして、あなたたちにもこのような究極の利他性を示すことができるはずだと訴えているような気がするのです。

 しかし、キリスト教の世界では、そうではない解釈があることを知りました。イエスは、罪人である私たちを救うため、身代わりとして磔になったというのです。そのイエスを信じることで私たちの罪は帳消しになると・・・。いわゆる贖罪説ですね。

 この贖罪説は、スピリチュアリズムからは散々に批判されてきました。自らまいた種は自らが刈り取らねばならないという因果の法則を重んじるスピリチュアリズムから見たら、これは神の法を逸脱するとんでもない考え方ということになります。いや、常識的に判断してもとんでもなく都合のいい考え方に思えるのですが・・・。

 私は、この贖罪説というのは、キリスト教の長い歴史の中で、つい言い過ぎてしまった極論のひとつで、多くのクリスチャンはそんな風には考えていないに違いないと期待していました(いや、今も期待しています)。しかし、例えば、19世紀の牧師ステイトン・モーゼスは、インペレーター霊がこの贖罪説をはじめとするキリスト教の教義を批判するのに対して、激しく抵抗していましたね。それから、「こぼれ話~岡八朗さんと市岡裕子さんとゴスペル」という記事で書きましたが、現代アメリカの著名な伝道師が本当にこの贖罪説に基づく説教を力強く展開しているのを聞いて、少しショックでした。

 この贖罪説、キリスト教を国教化したローマ皇帝コンスタンティヌスあたりが捏造させたという説も読んだことがありますが、本当のところどうなのでしょうね。少なくともイエスの言動からは、そんな教えは導けないと思うのですが・・・。

 私は、やはりイエスの教えの本質は、強烈で徹底的な利他性だったのではないかと思います。それもイエスがみんなを救う利他性ではなく、みんなも利他的であれという教えだったと思います。十字架への磔はそのことを効果的に示す広報戦略だったのだ思います。乱暴な比較ですが、ブッダは45年ほどかけて丁寧に法を説いたにもかかわらず、その後の仏教は変質や迷走を重ねてしまったように思います。今やブッダの教えの原点を探ろうにもきわめて困難な状況にあります。これに対してたった1年半~3年程度といわれるイエスのきわめて短い布教期間にもかかわらず、イエスの教えの本質は、現代でもなお、伝わる人には伝わっているように思います。キリスト教会がイエスの死後、どれほど堕落したり、あるいは聖書が時の権力にどれほど改竄されたりしていっても、例えば中世のイタリアで、アッシジの聖フランチェスコが現れたり、現代にマザーテレサが現れたり、あるいは、無名の多くのクリスチャンが様々な利他的な活動に打ちんだりしているのは、まさにイエスの広報戦略が大成功を収めている証拠だと思います。あるいは少し飛躍すれば、現代はキリスト教文明が行き詰まっているなどと安易に言いたがる人たちもいますが、やはり人権や民主主義などの大切な思想を生みだしたのは西欧であり、そこにイエスの強烈なメッセージが何らかの影響を及ぼしているのではないかと思います。

 田川建三さんの『キリスト教思想への招待』には、「やっぱり隣人愛」という章があります。ここでは、一旦国教化したキリスト教を排除し、伝統的なギリシアの神々を復活させようとしたローマ皇帝、背教者ユリアノス(キリスト教側からみたあだ名です)の視点から、キリスト教の特徴が描かれています。キリスト教に反対する立場から見たキリスト教なら、「身びいきをまぬがれ、信用に値する」だろうというわけです。

 ユリアノスが、各地でギリシアの神々を復興させるべく、各地方の宗教担当に檄を飛ばします。(キリスト教を)「この上もなく発達させた理由は、他者に関する人間愛、死者の埋葬に関する丁寧さ、よく鍛錬された生き方の真面目さである」。「それぞれの町に救護所を多く設置せよ。外来者が、我々の人間愛にあずかることができるように。我々の外来者だけでなく、ほかの者たちにも、必要があればそれにあずかれるように」。(ユリアノスは、伝統の宗教よ、キリスト教に負けるな、キリスト教のいいところは真似て、復興せよ、と必死になりますが、成果を上げることなく終わってしまうようです。)

 ここで描かれているのは、「やっぱり隣人愛」というタイトルにも示されているように、利他的実践を真面目に重ねているクリスチャンたちの姿ではないでしょうか。やはり、十字架のメッセージは、伝わる人には伝わっているのだと私は思います。

 シルバーバーチなどの西欧の霊界通信では、キリスト教の教義を批判しつつ、イエスについては地球を浄化する霊団のトップなどと持ち上げられています。それが事実なのかどうかは、きっとそれほど大事なことではないでしょう。キリスト教文明圏へのリップサービスかもしれません(笑)。トップだの長だの総責任者だのといった発想が、そもそもこの世的ですものね。

 シルバーバーチは繰り返し他者への奉仕を説きます。それは、社会奉仕活動といった狭い意味ではもちろんないでしょう。シルバーバーチの説く奉仕とイエスが身をもって示した利他性-私には全く同じものに思えるのですが・・・。

|

« こぼれ話~『サンタクロースっているんでしょうか?』 | トップページ | こぼれ話~ブラジルで始まったベーシックインカム »

イエス」カテゴリの記事

コメント

キリスト教精神の最善のものは「利他的実践」というのは、その通りだと思います。
物事の「一番いいところを(いいところだけを)見る」のはとてもいいこと、生産的なことだと思います。
でも「悪いところ」を指摘する人もまた必要かと。まあ、小生はどうもいろいろと因縁らしきもの(前世で異端として虐殺されたか?w)があって、そういう側にまわらざるを得ないようですw

贖罪説はごく初期の教団、そしてパウロからあると思いますけど、違いましたっけ。
というか、宗教がどうしても帯びてしまう悪癖なのかもしれません。「特典」がないと人が集まらないですし。

「霊信にキリスト教文明圏へのリップサービスが入っている」というのは、私もしばしばそう感じますw

投稿: 高森光季 | 2010年12月19日 (日) 17時07分

Glass Age さん
私はシルバーバーチ(これは彼一人に限りませんが)の霊訓の中で
アンチ・スピリチュアリスト(こんな言葉あるのかな)に指摘され
る可能性のもっとも高いのがこの、イエスが地球浄化霊団の旗振り役
であるというところではないかと危惧しております^^;)

投稿: JIJIRO | 2010年12月19日 (日) 21時18分

高森さん、ふたたびいらっしゃいませ。

>でも「悪いところ」を指摘する人もまた必要かと。

これは、本当にそうだと思います。私には、今のところその技量と度量が欠けているように思うので、ブッダが弟子たちに論争を戒めたという故事にならって、自制しています。

しかし、宗教界にもスピリチュアル界にも指摘しなければならない「悪いところ」は山ほどあるというのは痛感しています。社会学者の宮台真司さんは、かつて「宗教オンブズマン」が必要ではないかと書いておられましたが、確かに必要だと思います。


>贖罪説はごく初期の教団、そしてパウロからあると思いますけど、違いましたっけ。

これは実は、よく知りません(笑)。近藤千雄さんからの受け売りですが、シルバーバーチが大規模な聖書の改竄があったという「二ケーア公会議」の際に、贖罪説も、皇帝コンスタンティヌスに媚びを売る側近の神学者がこしらえたという説があるようです。近藤さんはD・ダドレー著『西暦325年のキリスト教総会「第1回ニケーア公会議」の真相』という文献を紹介されています(近藤千雄著『シルバーバーチに最敬礼』)。

この説に従えば、パウロ福音書(書簡でしたか)もその際に改竄されたというストーリーになるのでしょうが、文献学的に見て、どこまで正しいのかは、よく知りません。


JIJIROさん、ふたたびいらっしゃいませ。

>アンチ・スピリチュアリストに指摘される可能性のもっとも高いのがこの、イエスが地球浄化霊団の旗振り役であるというところではないかと

そうですね。でも、きっと、キリスト教文明圏の人たちにとっては、三位一体説で神そのものであったイエスを、地球浄化霊団の総指揮官にしただけでも、とてつもない転換なのでしょうね。

総指揮官かどうかは別にして、私はイエスという人は、聖書学者の田川建三さんが無神論者でありながら惚れこんでしまうように、相当すごい魂だということは間違いないと思っています。

「そのイエスも私たちの味方」ぐらいに思っておくのがちょうどいいのかな、と。

投稿: Glass Age | 2010年12月19日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/50320269

この記事へのトラックバック一覧です: ふたたびイエスについて~十字架のメッセージ:

« こぼれ話~『サンタクロースっているんでしょうか?』 | トップページ | こぼれ話~ブラジルで始まったベーシックインカム »