« こぼれ話~アラン・カルデック自伝~『天国と地獄Ⅱ』より | トップページ | こぼれ話~『サンタクロースっているんでしょうか?』 »

2010年10月28日 (木)

こぼれ話~アラン・カルデック自伝より・その2

 前回に続いて、「アラン・カルデック自伝」(『天国と地獄Ⅱ』所収)から印象的な部分を引用します。

-で始まる発言がカルデック、「 」内の発言が霊(この場合ハネマン)のものです。

-『霊の書』の第一部がもうすぐ終わりそうなので、もっと早く仕事を進めるために、Bに霊媒を務めてもらおうと思っているのですが、そのことについては、いかがお考えですか?

「それはやめておいたほうがいいと思います」

-どうしてですか?

「虚偽の霊から真実が伝えられることはないからです」

-仮に、いまBを支配しているのが虚偽の霊であったとしても、この霊媒を通じて高級霊からの情報を得ることは可能だろうと思うのですが。

「確かにそうです。しかし、この霊媒は虚偽の霊との縁が深くなっています。したがって、常に虚偽の霊が介入してくる可能性があるのです」

 Bは若い男性の霊媒で、容易に自動書記を行うことができる。しかし、アリストと呼ばれる、傲慢で横暴な霊に支配されていた。アリスト霊は、Bのうぬぼれやすい傾向性に取り入っていたのである。
 ハネマンの予測は当たっていた。Bは医学的な相談業務、物当て、また、占いの類を行うことによって、一財産を築こうとし、その結果、アリスト霊に翻弄されて、支離滅裂なことを言うようになったからである。やがて、誰からも相手にされなくなった。

 現代でもありそうな、いやあちこちで起きている事態ですよね。

 もうひとつ、カルデックから霊(〈真実の霊〉と名乗っているようです)に対する真摯な問いかけです。

-もし私が失敗するとすれば、それはどのようなことが原因となるのでしょう。私の能力不足でしょうか?

 「違います。とはいえ、真の改革者は数々の暗礁や危険に立ち向かわねばなりません。
 あなたの使命を遂行するのは極めて難しいということを自覚してください。(中略)
 あなたは、すさまじい憎しみを受けるでしょう。仮借ない敵陣営が、あなたの破滅を願って次々と画策するでしょう。あなたは、悪意、非難、攻撃、裏切り-あなたを最も信奉しているように見える人々の中からも裏切り者が出ます-の的となるでしょう。あなたからの心を込めた指示が、ねじ曲げられ、無視されるでしょう。何度も何度も徒労感のあまり使命を投げ出したくなるでしょう。
 ひとことで言えば、それは休みなき戦いなのです。休息を犠牲にし、平安を、健康を、そしてあなたの人生全体を捧げなければなりません。(中略)
 かくのごとき使命を果たすには、知性だけでは不充分です。まず、謙虚さ、慎み深さ、無私無欲が必要です。傲慢さ、うぬぼれ、野心があったら、すぐにやられてしまいます。敵と戦うには、勇気、忍耐力、不退転の決意が必要でしょう。さらに、ものごとを、偶然に頼らず、計画どおりに成就するためには、慎重さと同時に智謀も必要です。そして、最後に、献身、克己心、あらゆる面における自己犠牲が必要となります。
 以上のように、あなたの使命を成就するか否かは、すべて、あなたがどうするかにかかっているのです」

 スピリチュアリストの道は厳しい!ですね。「スピリチュアル」に対して、明るく楽しくハッピーな生活を期待している人たちは、早い目に逃げ出した方が得策かもしれません(笑)。
 
 この霊とのやり取りの10年後に、カルデックは「ここで述べられたことは、あらゆる点で本当であった」と振り返っています。

 ただ次のように付け加えています。

 しかし、苦難、困難にさらされる一方で、偉大な事業が驚くべき仕方で展開していくのを見ることは、またとない喜びであった。私の苦労は数多くの慰めによって報われたのである。霊実在論(スピリティズムの訳でしょう)によって慰められた数多くの人々から寄せられた真実の共感によって、どれほどの励ましを受けたことであろうか。
 こうした結果は〈真実の霊〉からはまったく知らされていなかった。〈真実の霊〉が私に困難だけを告げたのは、おそらく意図的だったのだろう。

 粋な計らいですね、〈真実の霊〉さん。表面的な明るく楽しくハッピーな生活は待っていなかったけれど、その努力と苦難にふさわしい果実がもたらされたのですね。

 アラン・カルデックと、彼にかかわった霊たちは、こちらがほれぼれとしてしまうぐらい、真面目でまっすぐな人たちですね。 

|

« こぼれ話~アラン・カルデック自伝~『天国と地獄Ⅱ』より | トップページ | こぼれ話~『サンタクロースっているんでしょうか?』 »

こぼれ話」カテゴリの記事

アラン・カルデック」カテゴリの記事

コメント

私が、ステイトン・モーゼスやアラン・カルデックという古い人たちを繰り返し紹介しているのは、19世紀から20世紀にかけての近代スピリチュアリズム草創期のスピリチュアリストや心霊研究者たちの真摯な姿勢を、私たち現代人も取り戻す必要があるのではとの思いが根底にあるからです。

しかし、下記トラックバックを読むと、スピリチュアル批判側の姿勢も、当時のレベルにはるかに及ばないものになっているのだなあと残念に思います。決めつけやレッテル貼りや揶揄では建設的な議論は望めません。せめて『第2の江原を探せ!』のジャーナリストたちぐらいの実証的な姿勢があれば不毛な議論にはならないのになあ・・・と。

投稿: Glass Age | 2010年10月30日 (土) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/49872200

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話~アラン・カルデック自伝より・その2:

» 『江原スピリチュアルの大嘘を暴く』大槻 義彦 [私の通勤読書メモ]
笑いました。 大槻教授という、大の大人が、しかもアカデミックな側の人が大まじめに江原スピリチュアルの矛盾点を、科学的あるいは理論的につっこみを入れていくという本です。 そもそも江原スピリチュアルなど、常識的な大人であれば、ばかばかしくて信じるはずもないのに──と思っていたら、案外信じている人が多いようで、その証拠に、彼の著作はいずれもベストセラー。 いったいこの国の大人はどうなっているのでしょうか。 ま、それはともかく、大の大人の大槻教授が、何もそこまで目くじらたてなくても(..... [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 22時12分

« こぼれ話~アラン・カルデック自伝~『天国と地獄Ⅱ』より | トップページ | こぼれ話~『サンタクロースっているんでしょうか?』 »