« こぼれ話~熾烈な論争「モーゼス(人間)VSインペレーター(霊)」 | トップページ | スピリチュアル突撃体験記(1)~ニセ霊視体験? »

2010年8月 6日 (金)

こぼれ話~インペレーター流「カルマの法則」

 先日、「カルマの法則なんて忘れよう!」という記事で、「カルマの法則」は、とても誤解されやすい言葉だと書きました。その繰り返しで蛇足になるかもしれませんが・・・。

 「悪因悪果」「善因善果」とも表現される「カルマの法則」は、ついつい、良い行いをすれば、何か楽しいことやうれしいことが訪れる、あるいは、来世では恵まれた境遇のもとに生まれることができるなどと誤解されがちです。また、悪行を重ねているといずれ貧困や病や悲惨な運命が待っている、とか、逆に、現在、悲惨な状況にあるのは前世で相当悪いことをしたに違いないとか・・・。しかし、これはあまりにも物質的価値観にとらわれた発想ですよね。

 前回の記事で触れたステイトン・モーゼスの『霊訓』でも、カルマとの言葉は使われていませんが、この法則について述べられています。通信霊団の代表であるインペレーターが、「われらは宗教なるものを、より単純な形で関わるものとして説く」と前置きしたうえで、その根幹となる思想として、次のように述べます。(そして、続けて、それに比べたときのキリスト教神学の教義の非合理性を厳しく批判していきます)

 修行場としての地上生活の中に置かれた人間は果たすべき単純なる義務が与えられ、それを果たすことによりて一層高度な進歩的仕事への準備を整える。その間、不変の摂理によって支配される。その摂理は、もし犯せば不幸と損失をもたらし、もし遵守すれば進歩と充足感を与えてくれる。(『霊訓(上)』八節)

 また、背後霊の指導に触れつつ次のようにも述べます。

 正しき行為の選択には背後霊の指示もあるが、本来は霊的本能によりて知ることが出来るものである。為すべきことを為していれば進歩と幸福が訪れる。魂が成長して完成へ向けてより新しく、より充実せる視野が開け、喜びと安らぎをもたらす。(『霊訓(上)』八節)

 インペレーターは、善行の結果もたらされるのは、快楽や幸運や物質的に豊かな境遇などではなく、「進歩と充足感」や「魂が成長して完成へ向けてより新しく、より充実せる視野が開け」ていくことだと言ってるわけですね。

 さすがインペレーターと評価しますか?それとも、そんなつまらないことのために善行を積み重ねても仕方がない、「カルマの法則」とはケチな法則だと思いますか?(笑)

|

« こぼれ話~熾烈な論争「モーゼス(人間)VSインペレーター(霊)」 | トップページ | スピリチュアル突撃体験記(1)~ニセ霊視体験? »

こぼれ話」カテゴリの記事

インペレーター」カテゴリの記事

カルマの法則」カテゴリの記事

ステイトン・モーゼス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/49077813

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話~インペレーター流「カルマの法則」:

« こぼれ話~熾烈な論争「モーゼス(人間)VSインペレーター(霊)」 | トップページ | スピリチュアル突撃体験記(1)~ニセ霊視体験? »