« こぼれ話~インペレーター流「カルマの法則」 | トップページ | スピリチュアル突撃体験記(2)~イケメン系カウンセラー »

2010年8月 9日 (月)

スピリチュアル突撃体験記(1)~ニセ霊視体験?

 十数年ぶりにスピリチュアリズムを改めて信じてみようかと心が動いていた2006年の確か12月頃だったと思います。信じるためには実体験が必要だと考え、良質のスピリチュアル・カウンセラーを探し求めていました。

 江原啓之さんは、すでにスーパースターで、しかも個人カウンセリングは中止していました。その江原さんレベルとは言わないまでも、結構良質のカウンセラーがいるとの情報を得て、そのサイトにアクセスしてみました。

 江原さんは、かつてカウンセリング料として1回あたり最高時は5万円を取っていたといいます。それはあまりの人気の高まりゆえと生活と事務所を維持していくためだったといいます。それに比べて、そのカウンセラーは1万5千円。まあ、良心的な部類に入るでしょう。

 ただ、そのカウンセラーにはあまりにも謎が多すぎました。氏名は不明。事務所らしきものはあるようですが、カウンセリング方法は基本はメールでした。コンタクトをとって欲しい故人の写真があれば、電子データで送れといいます。プリントした写真を郵送しても、全国を転々としているので、その写真をすぐに見ることができないという説明でした。

 私は、立て続けに亡くした両親の写真をわざわざ電子データ化して、メールで送りました。しかし、故人からのメッセージを受け取れる確率は五分五分とのことでした。

 当時、私は軽いうつ状態に苦しんでいました。自殺企図や激しい睡眠障害などはなかったので軽いレベルだったとは思います。私は、両親を失ったことやうつ状態のことについてメールで説明しました。

 それに対して返ってきた答えは、まずは「あなたのうつは霊障によるものではない」というものでした。これにはさして反発は覚えませんでした。私も霊障のせいにしたかったわけではありません。ただ、今のタイミングでうつを抱えながら苦しんでいること、そして、スピリチュアリズムに再びかかわろうとしていることには、何がしかの意味や関連があるのではとおぼろげながら考えていました。

 しかし、寄せられたメッセージは、一般にはうつに対して禁句とされている「がんばれ」という叱咤激励のオンパレードでした。今までは自分のことばかり考えてきた、他人のためにがんばりなさいとか、考える暇もないぐらい仕事をしなさいとか、山に登りなさいとか・・・・。

 私は、あまりにも的外れなメッセージに愕然としながら、それでも見えない世界からのメッセージなのだから信じないといけないのか・・・などと考え、とても苦しくなり、落ち込みました。

 しかも、両親からのメッセージは「残念ながら今回は届きませんでした」といいます。事前に五分五分と書いていたのだから、詐欺とは言えませんが、何とも納得のいかない思いが残りました。

 指導霊として「母方のおそらく四代~五代前の先祖」という存在からは、やはり「がんばりなさい」のメッセージ・・・。

 私が一番不満だったのは、それらのメッセージに私固有と思われるような情報が全くなかったことです。はっきり言えば、誰にでもあてはまるような内容でした。

 こういう誰にでもあてはまる内容を伝えて、「確かに私にあてはまるメッセージだ」と思わせる手口を「ストックスピール」と言うそうです。(蛇足ながら、血液型の性格診断で、確かに自分にあてはまると思ってしまう、あれです。血液型と性格の相関関係は科学的に全く根拠がありません。)

 スピリチュアリズムの入口で迷っていた私としては、どうしても納得できず、「うつが悪化しそうなこと」、「確信するために何か個人的な情報に関するメッセージが欲しいこと」をメールで伝えました。

 前者については「今はわからず苦しくてもいずれわかります」と言います。そして後者については「あなた様のプライベートなことはわかりません。疑い出したらキリがありませんね」と来ました。

 プライベートなことがわからない霊視って一体何なのでしょう?疑い出したらキリがない?では一体何のためのスピリチュアル・カウンセリングなのでしょう?

 私はこの返事を受けて、この方は残念ながらニセモノだと判断せざるを得ませんでした。高尚っぽくて厳しいメッセージにコロっとだまされる人も多いのかもしれませんが、「プライベートなことはわかりません」とは、「私のはストックスピールです」と言っているようなものではないでしょうか。

 こうして、私の最初のチャレンジは失敗に終わりました。1万5千円という高い授業料となりました。

 ちなみにあれから3年以上が過ぎた今、当時の霊視結果なるメールを読んでみても、やはり心に響くものはなく、「あのときは気付かなかったがそういうことだったのか」などという新発見もなく、やはり誰にでもあてはまる一般的なお説教にしか見えませんでした。

|

« こぼれ話~インペレーター流「カルマの法則」 | トップページ | スピリチュアル突撃体験記(2)~イケメン系カウンセラー »

スピリチュアル・カウンセリング」カテゴリの記事

スピリチュアル突撃体験記」カテゴリの記事

ニセ霊視体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/49107991

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアル突撃体験記(1)~ニセ霊視体験?:

« こぼれ話~インペレーター流「カルマの法則」 | トップページ | スピリチュアル突撃体験記(2)~イケメン系カウンセラー »