« スピリチュアル突撃体験記(6)~ひとつの拠り所として | トップページ | こぼれ話~霊に関する迷信~アラン・カルデック『霊媒の書』より »

2010年8月25日 (水)

ホメオパシー騒動~一スピリチュアリストの立場から

 一スピリチュアリストの立場からというほど偉そうに言える話ではありませんが・・・。

 ビタミンK投与の代わりにホメオパシー療法を受けて新生児が死亡した事件が契機となって、補完代替医療のひとつと言われるホメオパシーについて、日本学術会議が「科学的な根拠は明確に否定され、荒唐無稽(こうとうむけい)」とする会長談話を発表しました。日本医師会なども談話に賛同しているとのこと。

 私は、以前の記事「現代医学とスピリチュアル・ヒーリング~父の思い出とともに」の中で、補完代替医療について書きました。このとき、ニセ科学批判やホメオパシー批判などの議論が展開されているpoohさんによるChromeplated Rat(http://schutsengel.blog.so-net.ne.jp/)というブログから、思わぬトラックバックをいただきました。そして、補完代替医療、その中でも特に、ホメオパシーに対する厳しい批判を読み、とても勉強になりました。今回の談話発表に至るまでの動きも、このブログから教わりました。

 私は、上の自分の記事の中で「補完代替医療やスピリチュアル・ヒーリングの側も、EBMにならって、科学的な検証を受けて立とうという姿勢が必要だと思います」と書きました。この意見は今も変わっていません。

 私は、恥ずかしながらスピリチュアル・ヒーリングについて、少し学んでいます。これは、個人的には宗教と文化と医療の間のグレーゾーンのような存在だと勝手に思っています。ただ、私が学んだスピリチュアル・ヒーリングは、現行の法制度を前提に、医療行為に当たらないように細心の注意を払っているように見えます。診断行為はしてはいけない、通常医療の医師の診断や処方に意見を述べてはいけない、通常医療を受けることを妨げてはいけない、などなど様々な自己規制があります。(ちなみに、イギリスでは、かつてハリー・エドワーズというスーパー・スター的なヒーラーがいて、医師会などと激しくやり合う中で、スピリチュアル・ヒーリングが市民権を得てきたとも聞いています。)

 これは、補完代替医療と呼ばれる領域に関わる人たちの、ひとつの生き方だろうと思います。いや、厳密には、現行法制度を前提とすれば、それが唯一の合法的な生き方なのでしょう。しかし、補完代替医療に関わる人たちは、本当にそれでいいと考えているのでしょうか?

 ホメオパシーのことを初めて聞いたのは、実は、助産師さんからでした。現在9歳の息子が新生児だったころの話です。そして、今回の事件から、助産師さんの間にかなり広まっていることを初めて知りました。そのときは、へえーそんなものがあるのか、西洋の漢方薬みたいなものかぐらいの印象でした。

 その後、補完代替医療について、いろいろと知ることになりました。そのなかの比較的メジャーな存在としてホメオパシーがありました。私は、いくつかの補完代替医療を試す機会がありましたが、ホメオパシーを試す気にはなりませんでした。無害そうではありましたが、どんな製造工程であれ、結局、レメディーという錠剤みたいなものを飲むだけというところが、スピリチュアリストとしては(かどうかは微妙ですが)、あまりに物質的な感じがして抵抗感がありました。

 それから、多くの人たちが指摘しているように、希釈に希釈を重ねて、分子ひとつも入っていない液体(つまり、通常科学の観点からはただの水)をしみ込ませた砂糖玉が効くというのも、なかなか受け入れ難いものがありました。実際、アメリカの代替医療の第一人者と言われるアンドルー・ワイル博士も、実体験としてはホメオパシーが効いたようにも思うが、それを受け入れるには、科学の理論をいくつも塗り替えないといけない、ときわめて懐疑的でした。

 スピリチュアルな世界には、ホメオパシーに肯定的な人たちが多いようにも思います。シルバーバーチの霊媒のモーリス・バーバネルも愛好していたようだし、私の周囲にもホメオパシーを学んでいる人たちが何人かいます。

 さて、そのホメオパシーが今回、批判の的になっています。私には批判も擁護もできません。ホメオパシー団体の主張もきちんと検討はしていません。ただ、私は、以前の記事にも書いたように、ここはむしろチャンスだと捉えて、効果の検証に打って出るべきだと思います。今回の事件は、一部の心得違いの人が原因なのかもしれません。通常医療の治療を妨げないように周知徹底するというお茶の濁し方もあるでしょう。しかし、効果がないと断定されているわけですから、それを上回る証拠を示してきちんと反論すべきだと思います。

 批判派からは、すでに検証は済んでいるとの意見も聞きます。なるほど権威ある医学雑誌に否定的な検証結果が発表されたりしているようですね。しかし、通常医療の世界でも、大規模な臨床試験結果などで効果が否定された療法が生き残っている例はいくらでもあります。決着がつくというのは、それほど簡単でも明瞭でもないように思います。一定の息の長い、検証や合意のプロセスが必要なのではないでしょうか。

 そして、今回の一件は、そのプロセスに入る第一歩だと私は思います。ホメオパシー信奉者の側が徹底的に争って、それでも、効果があることを示せず、一定の決着という段階にまで至ったのならば(誰がどの段階でどう判断するかという困難な問題はありますが、そこは公的機関の出番でしょう)、ホメオパシーは、診断や治療とみなされる行為をせず、ひとつの癒しの活動として、つつましやかにひっそりと生きていくべきだと思います(決着がついたら、そういう癒し効果はあり得ないというスジ論もありますが、現実の展開はもっと微妙で多様だと思います)。

 専門でもないのに、踏み込んだ表現をしすぎたかもしれません。ご容赦ください。

|

« スピリチュアル突撃体験記(6)~ひとつの拠り所として | トップページ | こぼれ話~霊に関する迷信~アラン・カルデック『霊媒の書』より »

スピリチュアル・ヒーリング」カテゴリの記事

ホメオパシー」カテゴリの記事

コメント

科学の基本的なルールは、「証明の責任は主張する側にある」と云うことです。そうじゃないと云いっぱなし、主張したもの勝ちになってしまいますから。
もしこれを機会に、ホメオパシー団体が自分たちの療法をみずから証明しよう、と云う動きを見せれば、それは歓迎されると思います。ただし、その証明はほかの立場の科学者から正当な手続きにのっとって検証されることになりますけれど。

多くのほかの代替医療、漢方薬や鍼灸がホメオパシーのような非難を受けないのは、この「みずから検証する」と云う姿勢を示しているからです。このスタンスを示さないかぎり、ホメオパシーがニセ科学である、と云う認識が変えられることはないでしょう。

投稿: pooh | 2010年8月26日 (木) 07時54分

poohさん、いらっしゃいませ。
ホメオパシー信奉者でも批判者でもない私が口をはさむのもどうかと思いましたが、ついつい書いてしまいました。

poohさんのスタンスはそうでしたね。poohさんの記事「石と玉をよりわける」の議論に参加して私なりに理解した点は、立証責任(検証のコスト)は信奉者と批判者のどちらが負うべきかということと、(私が必要だと主張した)公的機関の検証については、有限な資源の配分の優先順位(あるいは費用対効果)はどうなのかということでした。

そして、私は、今回の一連の経過から、ホメオパシー側への立証要求が高まるとともに、公的機関の側での検証についての優先順位も高まらざるを得ないだろうと考えています(もっと端的に言うと厚生労働省は見て見ぬふりができなくなったと)。それが私が上で期待をこめて「検証や合意へのプロセスの第一歩」と表現した意味です。

そういう意味で、私は、今後のホメオパシー団体側の反応や厚生労働省の動きに注目したいと思います。

少し気になったのは、ホメオパシーに批判的な人たちの中に、勝ち誇ったような、あるいは少々あざけるようなトーンが見え隠れしていることです。まあ、これまでさんざん警告を発してきたのにという思いがあるのかもしれませんが、にわかに関心をもった私のような人間にとっては、あまり共感できませんでした。

これから始まるであろうプロセスを公的資源の浪費とみなす人たちもいるのかもしれませんが、私は必要なプロセスだと考えています。

投稿: Glass Age | 2010年8月26日 (木) 23時13分

> 検証や合意へのプロセスの第一歩

ただですね。通常の科学的な手法による検証は、すでに終わってるんですよね。ホメオパシー側が認めていないだけで。
この状況でどうすれば合意がとれるのか、と云うのは難しいです。人間の思惑を超えて合意をするための手法である、科学的検証による(すでに出ている)結論を、片方が認めないわけですから。どんな方法があるんでしょうね。

と云うわけで、これから改めて公的機関による検証をおこなうのは、費用の完全な無駄です。そのことによって改めて合意が形成されることはありえない。
そのぶんのリソースを回すべき課題は、医療に関してだけでも山積しています。

投稿: pooh | 2010年8月27日 (金) 07時50分

Glass Ageさん、こんばんは。いつも愛読してます。
久々にコメントさせて貰いますね。こちらでは以前のHNのままで失礼してます(笑)

ホメオパシー騒動、私もいくらか注目しております。
mixi『懐疑論者の集い』コミュニティーでも、ちょっとした祭りでした。

前に勤めていた会社に遊びに行った時、ホメオパシー療法を受けている方と遭遇して、初対面の私にレメディーを見せてくれてずいぶんと熱心でしたね。ご本人がホメオパシーによって深刻な持病がまさに治りつつあるというお話で、真偽のほどはわかりませんが、そう強く信じることによって持病治癒が早まる可能性はあるでしょうね。

もちろんスピリチュアリストとしての統一的な見解などあるはずもないのですけれども、ひとつの参考として、心の道場さんによる見解を以下に貼っておきますね。検証とか証明とか、そういうのを期待する向きには論外ですけれど、心霊知識によるひとつの解釈ですね。

http://homepage2.nifty.com/sph/sph-hm/chapter4/c4-7.html

投稿: 初切 | 2010年8月27日 (金) 20時26分

>初切さん、ようこそ(お久しぶりです)。

心の道場さんの見解、読ませていただきました。スピリチュアリズムの側からは、こういう見方もあるのですね。私がホメオパシーに感じていた違和感をうまく説明してくれているように思いました。


>poohさん、再びいらっしゃいませ。

以前の議論を蒸し返してしまったようで、恐縮です。

言葉足らずだったので、少し補足します。
私が「合意」と書いたのは、信奉者と批判者の間を想定していたのではありません(コアな当事者間の合意はあり得ないでしょう)。むしろより広い文脈での社会的合意です。その社会には政治行政の主体も含みます。そして、その先には政治的あるいは政策的判断が続きます。

私は、今回の件で、厚生労働省は、踏み込んだ判断をせざるを得ないと思っています(もっと、具体的な文章を書いていたのですが、データが途中で消えてしまい、断念(笑))。

私が身近で知っているホメオパシーを学ぶ人たちは、みなさん純粋で心優しい方々ばかりです。だからこそなおさら、公的機関がきっちりとはっきりとさせてほしいと願っています。

投稿: Glass Age | 2010年8月27日 (金) 23時57分

上で「今回の件で、厚生労働省は、踏み込んだ判断をせざるを得ないと思っています」と書きました。

その補足を書きます。

poohさんは、「通常の科学的な手法による検証は、すでに終わってるんですよね」とおっしゃいます。また、「人間の思惑を超えて合意をするための手法である、科学的検証による(すでに出ている)結論」と表現されます。

これは、他のホメオパシー批判者の方々にも共通した認識のようです。日本学術会議の談話も同様です。科学的検証の有力な代表例として、2005年のランセット掲載論文がよく紹介されています。これに対して、ホメオパシー団体は、その論文にも問題があり、他の学者も批判していると主張していますね(ちなみに、ホメオパシー団体にもいろいろあり、医師法や薬事法に対する考え方も異なることを今回知りました)。こうなると素人の私では、検証済とまで断言していいのか正直わかりません。

ランセットで思い出すのは、『患者よ、がんと闘うな』で有名な近藤誠さんが、一連の著作でランセット論文を何度も引用しながら、いくつかのがん治療の無効性を主張し、それが日本の国立病院などでなお広く実践されていることを批判されていました。しかし、その無効が実証されているはずの治療が医療現場から姿を消したわけではないようです。相当QOLを下げたり、寿命を逆に縮めかねない治療が、です。そういう意味で、私は「人間の思惑を超えて合意をするための手法である、科学的検証」と言われても、なかなかこの科学的検証というのも一筋縄ではいかないものだという感触をもっています。もちろん否定はしませんし、陰謀説に与する気はありませんが。

さて、厚生労働省です。他のサイトも参照すると、厚生労働省が改めて検証することさえ無駄とする意見が批判派の多数派のようです。

ただ、では厚生労働省はどう動くべきでしょうか?即座に、日本学術会議の談話の立場をそのまま是と判断すると宣言すべきでしょうか?しかし、行政当局は見解を発表するだけでは終われません。その認識に基づいた行動を取らねばなりません。それは、関係者の行政処分や、場合によっては医師法違反、薬事法違反の告発、さらには詐欺罪の告発といったものにまで至る可能性があるものです。(私は効果が全くないのが決定的事実なら、そこまで至って当然の重大な事態だと思います。)

もし、厚生労働省が現時点ではそこまで決断できないとするならば、さらなる検証をせざるをえないでしょう。上記のような厳しい決断をするにせよ、逆に、ホメオパシーに何らかの肯定的な対応をするにせよ、厚生労働省としてそれ相応の根拠を示すことが迫られると思います。

子どもが命を落として(その原因には様々な見方があるでしょうが)、当事者が訴訟を提起し、日本学術会議が談話を発表し、医師会をはじめとする関係団体がそろって賛同し、さらにはその記事が新聞の一面トップをかざるという状況なのです。厚生労働省を含む政府は、曖昧決着は許されないのではないでしょうか。(イギリス政府の曖昧決着の例はあるようですが・・・)

投稿: Glass Age | 2010年8月30日 (月) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/49252167

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシー騒動~一スピリチュアリストの立場から:

« スピリチュアル突撃体験記(6)~ひとつの拠り所として | トップページ | こぼれ話~霊に関する迷信~アラン・カルデック『霊媒の書』より »