« こぼれ話~「千と千尋の神隠し~いつも何度でも」 | トップページ | こぼれ話~熾烈な論争「モーゼス(人間)VSインペレーター(霊)」 »

2010年7月17日 (土)

指導霊とハイヤーセルフ~夫婦喧嘩を仲裁するのは誰か

 あまり触れたくない話題ですが、かっこつけた文章ばかり書くのも不誠実だと思うので、恥を忍んで書きます。犬も食わないと言われる夫婦喧嘩を、実はよくします。お互い意地っ張りなので、子供の前であっても、けっこう激しくやり合います。そんなときは、相手に対して、怒りを爆発させますし、時には憎しみさえ感じることもあります。(これ以上は恥ずかしいので書きません(苦笑)。)

 私は、部屋で一人になったとき、瞑想とも祈りともつかないような時間を持ちます。そして、とても静寂で落ち着いた境地になることもあります。そんなときに、自分と妻の関係について問いかけてみます。

 それに対して、「お前の怒りや憎しみはもっともだ。お前の妻はひどい奴だ、霊性が低い」などという答えが返ってきたことなど一度もありません。必ず「お前がなっていない」と説教されるような感じです。「もっと愛しなさい。まだまだ愛が足りない」などと言われます。しかもかなり「上から目線」で、「その程度で音を上げるのか。まだまだ未熟だのお」などと言われます。ちょっと悔しいぐらいです。

 以前、あるミディアムの方のカウンセリングで、少し夫婦間のことで愚痴をこぼしたら、私の母らしき存在が出てきて、涙ながらに(本当にミディアムの方が涙ぐんでおられました)、「(妻に対して)もっと感謝しなさい、感謝しなさい」と繰り返します。

 全く、「見えない存在」の皆さんは、ことごとく妻の肩を持つのですから、困ったものです(笑)。

 私が瞑想中に感じるメッセージの主は、ときには修行僧のように感じます。偉そうなお坊さんが説教してくる感じです。「あなたも一生懸命がんばってるから、そのままでいいんだよ」などという癒し系のやさしいメッセージなんてくれません。気持ちがいいくらい、きっぱりと「その程度ではだめだ、もっと愛せ」とおっしゃいます。

 最近、喧嘩が重なったことがあって、妻の態度があまりにもひどく思えた時期がありました。そのときには、妻には何か悪い霊でも憑依しているのだろうかなどと思ってしまうこともありました。

 しかし、瞑想中に偉そうな修行僧は言うのです。「お前の妻に、お前が嫌がるような言動や態度を取らせているのは、憑依霊などではない、わしじゃ!そして、お前はわしの挑発に乗ってしまっているのじゃ。まだまだじゃのお。ふぁっふぁっふぁっ(不敵な笑い)・・・」

 悔しい!・・・ですよね。

 私は、複数の、それも全く系統の異なる組織に属するミディアムの方々から、背後に修行僧や修験者の姿が見えると言われたことがあります。ひょっとしたら私の指導霊の一人は修行僧なのかもしれません。

 しかし、実際のところはそんなことわかりませんよね。私は一時期、仏教についていろいろと学んだことがあります。例えば、ミディアムの方は、その情報をイメージ化して見ただけかもしれません。私自身も、そういう経緯があるので、心の中の声を修行僧だと感じるだけかもしれません。

 ニューエイジ系の人たちは、ハイヤーセルフという言葉を使うことがあります。高次元の自分というほどの意味です。私にメッセージを寄せたのは、そういう存在かもしれません。もっと日常的で常識的な解釈をするとすれば、自分の内にある「良心」ということになるのかもしれません。

 そして、実はこれらはどれも同じようなものなのだと思います。

 スピリチュアリズムでは、マイヤーズやシルバーバーチからの霊界通信により、類魂という考え方が示されています。この世における私という個性は、実は、より大きな私である類魂の一側面であるという考え方です。そして、指導霊や前世の自分と呼ばれているものも、実は、この類魂の一側面だといいます。もしそうであるならば、指導霊といってもより大きく見れば自分自身なわけです。それなら、それを「ハイヤーセルフ」と呼んでも大して変わりはないでしょう。自分の内なる「良心」と呼んでも正解です。

 私たちスピリチュアリストは、自分の指導霊に歴史上の有名な人物や偉人が出てきて、喜んだり有難がったりする愚だけは犯さないように気をつけないといけませんよね(ちなみに、それはたいてい低級霊の仕業というのが通説です)。

 いずれにしても私は、指導霊だかハイヤーセルフだかわからない存在から、「まだまだなっとらん!もっと愛せ!」と厳しく愛の鞭でしごかれています。自信はないですが(苦笑)、がんばります・・・。

|

« こぼれ話~「千と千尋の神隠し~いつも何度でも」 | トップページ | こぼれ話~熾烈な論争「モーゼス(人間)VSインペレーター(霊)」 »

夫婦喧嘩」カテゴリの記事

指導霊とハイヤーセルフ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、通りすがりです。

なんだか、読んでいて涙が出てきてしまいました。
私達夫婦もよく喧嘩します、もう修復不可能なのではないかというくらいの喧嘩です。

そのたびに別れようと思うのですが、なぜか今まで25年間一緒に居ます。

どうして喧嘩になってしまうのだろうといつも思ってしまうのですが、そんなこともあるのかと、目からうろこでした。

私にも、、、いえ!旦那にもそんな声が聞こえてくれたらと、切に願ってしまいます。

投稿: chie | 2010年10月 1日 (金) 23時26分

chieさん、ようこそ、はじめまして!

恥を忍んで書いた文章から何かを感じ取っていただけたようで、うれしい限りです。

私はいわゆる霊聴能力みたいなものが自分にあるとは思っていません。ただ、ひとりで静かに、ときには穏やかな音楽を聴きながら、目を閉じていると、少し日常の喧騒とは違った考えが湧きあがってくることがあります。それを自分なりに解釈してみたのが上の文章です。特別な瞑想法の技術は不要です。chieさんも是非、一度お試しください。(別の記事「ベトナムの禅僧ティク・ナット・ハン」で紹介した瞑想法もとても参考になりますよ!)

それにしても日常生活というものは(仕事も家庭も)、一筋縄ではいきませんよね。私は結婚して16年。chieさんにはまだまだ及ばない未熟者です。

お互いがんばりましょう!

投稿: Glass Age | 2010年10月 2日 (土) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/48901945

この記事へのトラックバック一覧です: 指導霊とハイヤーセルフ~夫婦喧嘩を仲裁するのは誰か:

« こぼれ話~「千と千尋の神隠し~いつも何度でも」 | トップページ | こぼれ話~熾烈な論争「モーゼス(人間)VSインペレーター(霊)」 »