« ブッダとスピリチュアリズム | トップページ | こぼれ話~インスピレーショナル・ライティング「自分」 »

2009年12月28日 (月)

こぼれ話~娘の正論

 私には8歳の息子と6歳の娘がいます。

 娘はなぜか兄が叱られると、決まって兄をかばいます(逆はあり得ません(笑))。兄妹げんかなんて当然しょっちゅうなんですが、兄が理不尽に妹をいじめているときなどは、私もついつい厳しく叱ってしまい、それでも言うことをきかないときは、暴力的になることもあります。

 そんなとき娘は、自分がいじめられていたのも忘れて、顔を真っ赤にしながら父を責めます。「大人は暴力をふるってもいいのか!」と叫びます(このとき完全に自分が女の子であることを忘れています(笑))。

 私が、いくら口で説明してもわからない息子の問題点を説明し、自分の正しさを弁明すると、「何が正しい、間違っているというのをお父さんが決めるのか!お父さんは神様か!」と、恐るべき論理で私を責めます。

 また、息子が機嫌を悪くして、家の中の物や家具に当たり散らしたときなどは、妻が烈火のごとく叱ります。すると娘がまた顔を真っ赤にして、「お母さんは物と人の命とどっちが大切なの!」などと怒り出します。

 夫婦ともども反論不能です(笑)。

 神でもない人間が一方的に善悪を判断していいのかとか、物と命のどちらが大切かというような発想を私たちは教えた覚えがないのですが、娘は一体どこでそんな論法を学んだのでしょうか。(まさか保育園では教えないと思うのですが・・・)

 親バカかもしれませんが、少し不思議です。

|

« ブッダとスピリチュアリズム | トップページ | こぼれ話~インスピレーショナル・ライティング「自分」 »

こぼれ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/47139181

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話~娘の正論:

« ブッダとスピリチュアリズム | トップページ | こぼれ話~インスピレーショナル・ライティング「自分」 »