« パワースポットなんていらない | トップページ | こぼれ話~指導霊からのメッセージ? »

2009年11月15日 (日)

幼稚園ではおもちゃで存分に遊ぼう!~悟りあるいは解脱について

タイトルはふざけ気味ですが、内容はまじめです(笑)。真剣に悟りや解脱を追求されている方々に対して失礼な物言いになってしまったかもしれません。迷い多き未熟者が書いた文章ですのでどうかご容赦を。

幼稚園ではおもちゃで存分に遊ぼう!~悟りあるいは解脱について

 中高生の頃、禅宗系の人たちの語る「無の境地」とか「自他の区別のない境地」というのがさっぱり理解できなかった。思想家の語ることは小難しく、高僧はその境地は言葉では説明できないという。私は、この人たち自身は本当にわかっているのだろうか、わかっているふりをしているだけなのだろうかと思うことさえあった。

 原始仏教に始まるインド仏教においても、「無我」や「空」といった概念が説かれる。自分という存在をはじめ、あらゆるものには実体がないという。こうした仏教の考え方の影響をうけた現代の思想家たちも、「無境界」「ワンネス」「普遍意識」などというキーワードを使いながら、それぞれの思想を説いている。

 こうした人たちの説明を読むと、確かにそうかなと思う反面、何か理屈ばかりこねまわしている感じがして、どうもすっきりとした納得感が得られなかった。

 その後、スピリチュアリズムを学び、「類魂」という考え方に出会った。私という存在も類魂の一側面であり、その魂の仲間たちと経験や成長を共有していること、さらにその類魂もより大きなグループの一側面であること、そういう連鎖が「全体」(神や普遍意識と呼んでもよい)にまでつながっていることを知った。それが事実なのかどうかは私には検証しようがないが、そういうしくみを理解すると、「自他の区別のない境地」という意味も理解できるような気がした。古今東西の偉大な思想家や宗教家たちは、このことを霊や魂という概念を使わずに、彼らなりに工夫を凝らして説こうとしていたのかもしれない、とも思う。

 では、私たちは瞑想などの修行により自分自身と「全体」が一体であるという究極の境地に達するべきなのだろうか。自らが神のような視点になり、世界には善も悪も存在しないというような境地をめざすべきなのだろうか。私はそれは、めざすべきものではないような気がする。(もちろん一瞬そういう境地を垣間見るということはあってもいいと思うが)

 シルバーバーチは「私には究極のことはわかりません」といつも謙虚に答えていた。もはや物質界とは直接コンタクトできないぐらいの高みに昇り、中継役の霊(これがシルバーバーチの肖像として描かれているネイティブアメリカンの霊だという)を経て、モーリスバーバネルを霊媒として語っていたシルバーバーチでさえ、わからないという究極の境地。それを物質界にいる人間がわかろうとする、あるいは、わかっているというのは少々傲慢ではないだろうか。

 私にはまもなく6歳になる娘がいる。もし彼女が「わたしは幼稚園(正確には保育園ですが・・・)のおもちゃで遊ぶことなんか興味ない。わたしは偉い修行をして、真理を体得し、この世界にはよいお友達も悪いお友達もない、両親も兄弟も先生も見ず知らずの他人もない、そういう境地になりたい。そして、この世界に平和をもたらす立派なひとになりたい」と言い出したらどうするだろう。

 私は我が子の頭をはたいてこう言うだろう。

「生意気なこと言うんじゃない。お前はまず幼稚園にあるおもちゃで存分に遊べ。新しいおもちゃがきたら目を輝かせ、飽きてきたら見向きもしなくなれ。お友達と楽しく遊んだり、おもちゃを取り合ってけんかしろ。親や先生に怒られたら、泣いたり、ふてくされて我を押し通そうとしたり、素直に言うことを聞いたり、悪い子や良い子になることを一杯経験しろ。そうやって毎日毎日、喜びや悲しみを一杯味わって、少しずつ成長しろ。それがお前の修行だ!」

 私たちは物質界という魂の幼稚園を修行の場に選んで生まれてきた。ならば、その幼稚園に用意されている喜怒哀楽や苦難や挫折、そして感動というおもちゃで存分に遊んで、少しずつ少しずつ成長していくのが私たちの務めだと思う。その成長の果ての果ての果てのずっと向こうあたりに究極の境地というものがあるのかもしれないけれど、今はそんなことどうでもいいのではないか、と思う。

|

« パワースポットなんていらない | トップページ | こぼれ話~指導霊からのメッセージ? »

悟り・解脱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/46754988

この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園ではおもちゃで存分に遊ぼう!~悟りあるいは解脱について:

« パワースポットなんていらない | トップページ | こぼれ話~指導霊からのメッセージ? »