« 『第2の江原を探せ!』~新たなステージの予感 | トップページ | 阿弥陀仏 »

2009年9月10日 (木)

こぼれ話~父と子の会話

私の8月11日のブログ「立花隆著『臨死体験』を読み返しながら・・・」の結びの部分は、こんな会話で終わっています。

6歳になる息子がある日こんなことを言った。「お父さん、神様とお話しすることってできるんだね。」「世界のみんなが好きですかって聞いたら、『あたりまえです』って答えてくれた。聞こえたわけじゃないけど、そんなふうに感じたよ。」

これは、リビングルームでの本当にあった父と子の何気ない会話です。

この会話の少し前に、息子と近所の神社に行きました。息子が「石を拾ってもいい?」と聞きました。私はふと「神様に聞いてごらん」と答えました。

すると息子はおもむろに目を閉じて心の中で質問している風でした。そして、「いいって」と言いながらうれしそうに石を拾っていました。

リビングルームでの会話は、実は続きがあります。

「みんなが病気とかにならないようにしてくださいって言ったら、『できるだけそのようにします』と答えてくれた。」

「それでね、このことをお父さんに話してもいいですかって聞いたらね」と言った後、息子は大きくうなづいて見せてくれました。

一体、息子にうなづく姿を見せてくれたのは誰だったのでしょうか。

不思議な体験をあまりしない私の、貴重な不思議体験でした。

今や8歳になった息子にこのときのことを尋ねても、かすかに覚えてるだけとのことで、何かおとぎ話でも聞くかのように面白そうに聞いていました・・・。

|

« 『第2の江原を探せ!』~新たなステージの予感 | トップページ | 阿弥陀仏 »

こぼれ話」カテゴリの記事

スピリチュアル体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544086/46176836

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話~父と子の会話:

« 『第2の江原を探せ!』~新たなステージの予感 | トップページ | 阿弥陀仏 »